言霊の幸わう国

イカレタ雪ノ日

c0047602_16395272.jpg
 朝から雪が降っている。
 ぽたぽた、ぽたぽたと、重力に身を任せ、アスファルトに、木々に、屋根に、空から落ちてくる雪。
 あっという間に一面を白くした。

 部屋の中から窓越しに、ときどきカーテンを開けては外を眺める。
 何度目かで、昨年旅した角館の雪景色を思い出した。
 同じ雪でも確実になにかが違い、きもちはひゅんとあの日のあの町へ飛んでいった。
 うずうずする。
 じっとしていられない。
 あぁ、もうあの日を懐かしいと思えるようになったのか。

 罪な雪だ。

 コーヒーが安いから、と近所のスーパーまでわたしの長靴ブーツを履いて出かけたハハ。
 スーパーで出会った知り合いのおばあさんが、ちょっと楽しいと言っていたと、ハハまで楽しそうに話す。

 ファンヒーターの音が部屋に響く。
 眺めても眺めても、雪はやまない。
 心なしか、砂時計もゆっくり砂を落としているように見える。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-02-09 16:12 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by korotyan27 at 2008-02-10 22:16
静かに時間の流れる雪の日を書き表していますね。
読んでいると私も追体験しているようでした。よい感じです。
Commented by fastfoward.koga at 2008-02-10 22:41
korotyan27さん、こんばんは。
なんだか、小学校で先生に褒められたような気になりました。
えへ。