言霊の幸わう国

軌跡

 3日続けて、飛行機雲を見た。
 朝に夕に、雲は空に、轍のような長い長い印をつけた。
 今朝見た飛行機雲は、時計の2時から7時へと向かっていた。

 飛行機雲を作った飛行機は、自分がつけた跡があることを知っているのだろうか。
 振り返ることもできず、車のようにバックミラーがあるわけでもなく。
 知らずに飛んでいくのだろうか。

 振り返らずに飛んでゆく。
 それくらいの器の大きさがあるほうがいいのか。
 と、最近振り返ってばかりのわたしは思う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-03-17 22:30 | 一日一言