言霊の幸わう国

軌跡

 3日続けて、飛行機雲を見た。
 朝に夕に、雲は空に、轍のような長い長い印をつけた。
 今朝見た飛行機雲は、時計の2時から7時へと向かっていた。

 飛行機雲を作った飛行機は、自分がつけた跡があることを知っているのだろうか。
 振り返ることもできず、車のようにバックミラーがあるわけでもなく。
 知らずに飛んでいくのだろうか。

 振り返らずに飛んでゆく。
 それくらいの器の大きさがあるほうがいいのか。
 と、最近振り返ってばかりのわたしは思う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-03-17 22:30 | 一日一言 | Comments(4)
Commented by cool-october2007 at 2008-03-19 22:49
自宅が羽田から飛び立つ飛行機の航路下にあるので、子供の頃から飛行機雲は身近な存在でした。
空にとけてゆく雲を見ていると気持ちがリラックスします。
ふりかえらずか……僕も振り返ってばかりです。(苦笑
Commented by fastfoward.koga at 2008-03-21 20:27
coolさん、こんばんは。
羽田の航路下・・・。
coolさんはいつも飛行機のお腹を見ているのですね。

わたしも久しぶりに飛行機雲を眺め、きもちがゆったりしました。
が、そんな中でも振り返っちゃうんですよね。
いけませんなー。
Commented by cool-october2007 at 2008-03-22 18:00
ええ、飛行機のお腹ばっかり。(笑
角度によっては尾翼が見えて「JAL〜」とか
わかるんですよ。下校時刻の楽しみの一つでしたね。
Commented by fastfoward.koga at 2008-03-23 19:23
coolさん、こんばんは。
楽しみだったというの、よくわかります。
なんでしょうね、やっぱり飛行機は乗っていない人たちの思いも載せて飛んでいるということなんでしょうか。
わたしもときどき空を見上げて、あぁどこかへ飛んで行きたいなと思います。