言霊の幸わう国

 どうも体調がすぐれない。
 ここ数日、仕事を始めてしばらくすると、思考に至るまでの道に靄がかかる。
 一生懸命頭を働かせようとするのだけれど、体の中のモーターは鈍くなる一方。
 1度そうなると、抜け出すのは至難の業だ。

 パソコンの前に座り、小さな数字や文字を見ていると、くらくらする。
 座っているのに、めまいを起こす。

 ときどきふーっと、無意識に深く息を吐いている。
 意識的にしんどい、とか疲れた、という言葉は言わないようにしている。
 でも体は正直で、目を閉じるとほっとする。
 くらくらする体の真ん中にある芯が、目の前のものをシャットダウンさせると、その動きを止めるのだ。

 眠いわけではないけれど、目を瞑って世界が暗くなると、意識がすーっと頭の後ろのほうへ流れてゆく。
 自分が思っている以上に、疲れているようだ。
 そういえば、なんだかんだ毎年春は体調の不調を感じている。
 
 春なのに、いや春だから、あせらずあわてずゆっくり行こう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-04-03 21:43 | 一日一言