言霊の幸わう国

シャンプー

 ひと月くらい前だろうか。
 シャンプーを替えた。

 替えてから、この前はいつだったかと考えた。
 あれはそう、5年ほど前だ。
 替えた理由も覚えている。
 失恋したからだ。

 同じシャンプーを使っていた。
 匂いがいろんな記憶を呼び起こし、それがもう身がちぎれるほど悲しかった。
 その人と匂いにまつわる思い出は他にもある。
 その人の部屋に行って帰って来たあと、カバンを開けたらやっぱりその人の匂いがした。
 洋服にも化粧ポーチにも、それらを取り出したあとの空っぽのカバンにも匂いが染みついていた。
 わたしはぐずぐず泣きながら、全部にファブリーズを吹きかけた。
 匂いを消さないと、次の日は来ないと思っていた。

 今回は、特別な思いはない。
 髪も短いから、シャンプーの匂いなんて自分ではよくわからないし。

 でも、と思う。
 密かになにか心境の変化があったんじゃないかと、自分に探りを入れてみる。

 ないない。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-04-10 22:35 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by cmykayo2 at 2008-04-11 10:40
とても分かります。。。
匂いはほんと一気に蘇ってきますね。
Commented by fastfoward.koga at 2008-04-12 00:16
kayoさん、こんばんは。
わかりますよねー。
やっぱり、わかりますよねー(笑)。