言霊の幸わう国

クールダウン

 昨日は、夕飯をすませたあとからずっとクロスワードをやっていた。
 19時半ごろからだろうか、気づくと23時をまわっていた。
 ぶっ続けで、3時間半。
 それでもこれが終わるまでは、と1番大きなクロスワードを解くまではやめることができなかった。

 自分は、こんなにはまりやすい性格だったか?
 今日も起き抜けの頭で問題を解きながら、過去のあれやこれやを振り返った。
 そうでもないよなと思考の入口で思ったものの、途中からそうでもないかなと思い直した。

 ただ、と思考が立ち止まる。
 そのうちのいくつが、今自分の手の中に残っているのかと。

 例えば、本や旅、ブログのように、毎日の生活の中にあって当たり前になるものと、そうでないもの。
 自分は世の中に溢れるほどあるものの中から、それらをどんなふうに指の隙間から落とさずにきたのか、と再び立ち止まるのだ。

 手の中に残ればいいなと、正直思う。
 マスメをひとつひとつ埋めながら、解くことではなく作ることすら考えているくらいで、言葉の持つ可能性が今までとは違う角度で見え始めた気がしているのだ。
 今はまだもっともっとと先へ進んで光が差す根元へ向かってゆきたい。

 数年前は多くのものの中からなにを選び取るかに戸惑い、それが正しいのかと頭を悩ませていたけれど、今は違う。
 選び方より、残し方。
 荒熱が取れたあと、果たして結果は。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-05-06 18:54 | 一日一言 | Comments(0)