言霊の幸わう国

しりとり 「嵐」

8時39分 浅草 エクシオールカフェ

 斜め45度に降る雨。嵐のようだと心の中に一文を浮き上がらせたところで、ホテルで見た天気予報を思い出した。在来線が止まるくらいなのだ。嵐で間違いない。
 雨雲を連れ、西から東へ移動。相変わらずだと思う反面、今から山側へ行くことを選択した自分を少し偉いと褒めてみたり。太平洋側は警報が次々発令されているけれど、雨も正午までで一段落つくだろう。
 これから初めての電車に乗る。濡れた傘の始末を思案していたけれど、カフェの入口の傘袋を帰り際にひゅっと抜き去った人を見て、真似することにする。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-05-23 23:59 | 旅行けば