言霊の幸わう国

しりとり 「通過」

10時42分 東武日光行き車内再び

 窓の外はのどかな田園風景。知らぬ間に、電車は栃木県に入っていた。道路のように県境が表示されているわけではないから、知らぬ間で当たり前だけれど。
 旅の高揚感も落ち着き、やっと昨日買った伊坂幸太郎の文庫を開くことができるようになった。
 浅草を出発し、1時間半が過ぎた。お尻もすっかりシートに馴染み、電車に揺られていることが時間の進みときもちの波にぴったり添っていることがわかる。
 日光まであと30分。いい案配に、雨も風もおさまってきている。雨と陽射しに強くないわたしにはもってこいかも。
c0047602_0115430.jpg

[PR]
by fastfoward.koga | 2008-05-24 00:13 | 旅行けば