言霊の幸わう国

くるくる回る  エピローグ

 今年は、富山で誕生日を迎えた。
 行く前は、とりあえず経県値を上げよう的なところがあったけれど、予想以上に楽しんで富山の空気を満喫した。

 誕生日当日は友人たちからメールをたくさんもらい、返事をする中で、今年は節目か? と急に思い始めた。
 35、35と撫でるように手の中で転がしていると、すとんと自分に馴染んだ。
 でも具体的なことを考えると、目の前にはいくつもの壁があり、そう簡単には進みそうにない。
 丸1日、ありとあらゆる思考の抽斗を開けては閉め、開けては閉めをくり返した。

 下手をするとどこまでも穴を掘るように、考えることをやめられないなと思うころ、触れる富山の景色や会う人会う人に浮上するきっかけを何度ももらった。
 それらについては追々書くとして、再度思ったのは、誕生日は自分をニュートラルにするにはとてもいい日で、日常生活の中でギアチェンジが少しずつしにくくなっている今はやっぱり旅にでるのがさらに自分には必要だということだ。

 とかなんとか書きながら、誕生日は二日酔い(軽め)だった。
 これだけは、直したい。
 なぁ。なー。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-07-03 21:53 | 旅行けば