言霊の幸わう国

天寿

 今週の初め、くるりのライブを見がてら名古屋へ出かけた。
 東北旅行で使い切れなかった18きっぷを使おうと、在来線をいくつも乗り継いで行った。
 その途中、指輪を失くしてしまった。

 朝右手中指に納まっていた指輪は、指先の乾燥が気になってハンドクリームを塗ろうとして、電車の4人掛けのシートの窓際にある小さなテーブルの上に外して置いた。
 そして、そのまま。

 旅先や出先で、アクセサリーをよく失くす。
 新潟の村上でブレスレット、鹿児島と富山でピアス。そして去年の京都音楽博覧会で、指輪。
 ホテルに忘れてきてちゃんと手元に戻ってきたものもあれば、気づいたら片耳にピアスがないことに気づいて途方に暮れたこともある。
 どうしようもないこと半分、そうでもないこと半分。
 正直、どれもそうそう高価なものではない。
 でもプレゼントでもらったものは相手が今も大切なら、取り戻す努力は最大限した。
 そうでもないものは、しなかった。
 どこかで、離れていったことに納得する自分がいた。

 まだ学生だったころ、チチハハが伊勢に出かけたときにおみやげにと黒真珠のピアスをくれたことがあった。
 黒真珠は魔よけの意味があるんやってと、言いながら手渡された。
 わたしはうれしくて、早速身に付けた。
 付けている間は、耳の上でくるくると回していた。
 でも、気づくと片方が耳の上から失くなっていた。
 うちに帰ってからおずおずとハハにそのことを告げると、「ひとつ悪いことから守られたのかもしれんよ」と言われた。

 ひとつずつアクセサリーを失くすたび、どれもが魔よけとなってわたしを悪いことから遠ざけてくれていると思っているわけではない。
 でも失くしたことに気づいてがっかりしたあとに押し寄せてくるのは、しょうがないなという思いだ。
 頭と心のどこかで、どれもが天寿を全うしたのだと固く思う。
 以前、海でやっぱり指輪をなくしたときも、お役目御免と海に帰っていったのだとひとり頷いた。

 失くしたばかりの指輪は1番よく付けていたものだから、思い出すと少し浮腫んだ日に付けたときの締め付け感が指に蘇る。
 失ったことに納得はしているけれど、それは寂しいきもちにさせる。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-08-29 22:56 | 一日一言