言霊の幸わう国

まっすぐ

 今日、昼間のテレビ番組にあるマジシャンが出ていた。
 最近やたらマジシャンがテレビに出ているが、わたしはほとんど興味がないので名前は忘れてしまったが、彼は番組の中で出演者にネタをあかしてマジックを教えていた。
 ネタを詳しく見せるために、彼の手がアップになったとき、わたしはふと思った。
 きれいな指やな~、と。

 先日の「このみの声」に続き、わたしはきれいな指の男の人がすきだ。
 具体的にいうと、指がスット伸びて長く、ちょっとだけ節がゴツっとしているのがいい。
 長い指、というのがポイントなので、昔からギターやベースを弾く人に目がいく。
 以前、女性タレントが男の人のかっこいいと思うしぐさは? と聞かれて、車のギアチェンジと答えていたが、それも思わずうんうんとうなずいてしまうくらいよくわかる。

 誰にでも異性の気になるところ、体の一部ですきなところ、ひとつやふたつあるだろう。
 他にあるそいうものを頭に順に浮かべてみると、そこに共通点があることがわかった。
 それは「まっすぐ」ということ。

 例えば、体つき。わたしは、例えるなら棒のような人によく目がいくが、それも「まっすぐ」。
 視線もそうだ。おどおどしたり、目を合わせないような人ではなく、「まっすぐ」見てくれる人。
 そういう人に会うと、わたしの姿勢もきもちもシャンと伸びる。
「まっすぐ」な人はそんなふうにさせてくれる人から、すきなのだ。

「まっすぐ」。なんていい言葉なんでしょう。
 その響きだけでワクワクする。
 わたしも、憧れるだけじゃなく、それを体現できる人になりたいな。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-05 00:31 | 一日一言 | Comments(0)