言霊の幸わう国

カテゴリ:所信表明( 12 )

どんな10年

 2005年2月1日「はじめまして」というタイトルで、わたしのブログは始まった。
 そこから10年。
 早10年。
 この10年なにをしてきたか、具体的なことをと考えて思いついたのは、何回失恋して、何度旅をしたのかだった。

 先日失恋したときは、2月には新しい恋ができてればいいなとほのかに期待していたけれど、まだ失恋の余韻の中にいる日々。
 失った時間と思いとに胸が締めつけられ、たまに風に吹かれる柳のようになることもあるけれど、いつかは風に吹かれることが気にならなくなる日がくるだろう。

 昨年12月に久しぶりにひとり旅に出た。
 その話を書こう書こうと思いながらもまだ寝かしたままなのだけれど、あの日の楽しさが忘れられない。
 ひとりでも、誰かと一緒でも、旅に出る機会やその時間を大切にしたい。

 ほんとうは、丸10年を迎える最後の1カ月は毎日ブログを更新しようと考えていた。
 が、月半ばで力尽きた。
 飲みに行ったら、日付が変わるまでにうちに辿りつけなかった。
 バカらしい(でもわたしらしい)理由で途絶えたものの、それでも、書こうとする毎日は忘れていた脳の別の部分を使っている感覚があった。

 つまらないことでも、とりあえず書いてみることを意識していた。
 ほんとうにつまらないなと、思った日もある。
 一方で、言葉にできないような思いで胸がいっぱいになる日も、からっぽで言葉を絞り出すことができない日もあった。
 どれもがわたしの思いの真実で、今日これまでの時間は、それを知る10年だったような気もする。

 10年という時間を長さではなく速度だと考えて、その速さにふさわしい距離をわたしは進んできただろうか。
 振り返ると10年なんて、手の届くような場所にあるように思えて、ふとそこにしがみつこうとしているのか、感覚を鈍らせているのか、はたまた現実を見つめていないのかと自分に疑いの目をむけることがある。
 人生の歩みに、今誰も正解だとも不正解だとも言ってはくれないとわかっていても、足元はすくわれるときにはすくわれるのだ。
 10年の間で増えたのは、その自覚だろうか。

 次の10年はどんな10年になるだろう。
 うれしいことや楽しいことがたくさんあればそれはとてもいいのだけれど、それだけを望んでいない自分を自分は知っている。
 試練がなければ、乗り越えなければならないことがなければ、それはそれで不安になる性質だから。
 一瞬でも、よくがんばったと思える10年にしたい。


 更新頻度を落とさないように、がんばります。
 みなさま、これからもどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by fastfoward.koga | 2015-02-01 23:13 | 所信表明 | Comments(6)

ホーム

 いよいよこのブログも10年目。

 ある恋の終わりに、「わたしは(ブログを)10年は続けるよ」と宣言したことがあった。
 あのときはいろいろ、いろいろあって、そんなことを口にしたのだけれど、別に今意地になってこうしているわけではない。
 書くペースは年々落ちている。
 でも、無理をしないから続けられているのだと思う。

 年月は単なるひと区切り。
 あと1年続けても、それはそれ。
 もっと先を見つめてゆこう。

 ここは、いつもわたしの帰る場所。
[PR]
by fastfoward.koga | 2014-02-01 21:47 | 所信表明 | Comments(2)

指折り数えて

 イチ、ニ、サン。
 シ、ゴ、ロク、ナナ、ハチ、キュウ?
 ここを始めて、9年目。

 初心に戻って、もうちょっと日々感じていることを書き記したいと思った。
 大それたことより、そういうのが今は似合っている気がする。
 ささやかなことを書く、この1年はそんな1年に。

 ということで、今年は久々のあれやこれや、やってみます。
 今だからこそ、ブログを楽しもう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-02-01 23:04 | 所信表明 | Comments(0)

花を咲かせる場所

 ここに住み始めて7年が経ちました。
 今日から、8年目です。

 10年を目標にして、それもあと2年だと思うとちょっとくらくらきます。
 今気づきましたが、わたしのブログ生活はちょうど30代と重なるのです。
 そろそろ次のステップを意識しつつ、もうひと花咲かせたいと思っています。

 日常をもう少し丁寧に言葉にしたり、文章にしたり。
 思いばかりが先走りますが、これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-02-01 22:55 | 所信表明 | Comments(4)

書くわたし

 今年も、2月1日、今日を迎えることができた。

 最近ではもう数えようとしても記憶が虚ろになってきたけれど、今日でここも7年目になった。
 6年も居座ってるのかと思う一方で、10年続けようと思ったのだからときもちを強固にしてみる。

 大学で勉強し始めて、もうすぐ2年。
 どこまで自分が書いてきたものが通用するのかと思いながら、手探りの日々。
 ここがダメだと思うことも多かったけれど、間違っていなかったと思うところだっていくつもあった。
 誰に褒められたわけでも、認められたわけでもないものの、自分でそう確信することは充分己の背中を押す力のひとつになった。

 少し前、書いてきたからこそだ、そう思う出来事があった。
 拙くても書き続けてきたから、自分は今こうしてここにいるのだと思った。

 さあ、また1年、書いてゆこう。
 書くしか能がないんです。
 くらいのことが、言えるように。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-02-01 22:32 | 所信表明 | Comments(0)

6年目

 あれよあれよという間に、ここを始めて5年が経った。
 ほんとうはその間に、あれよあれよなんて言っていられないくらいのこともあったけれど、今そう思えるということはそれでいいのだ。
 ここがなければ、こんなにまで書くことも考えることも、読むことも、自分の中に沁み込んではゆかなかっただろう。
 この時代に生きててよかった。

 今年も、『The Book of Answers』を開いた。
 今年の言葉は。

   「好機を逸するな」
             ミゲル・デ・セルバンテス 『ドン・キホーテ』


 そうそう、今まで何度もチャンスを掴み切れなかったのだ。
 さあ、今日からまた、新たな1年歩いてゆきましょう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-02-01 21:29 | 所信表明 | Comments(4)

こんなに大きくなりました?

 今日でブログを初めて丸4年が経ちました。
 こうして振り返らないと自分がどれくらいブログを書き続けているのかだんだんわからなくなってきましたが、5年目に突入です。
 10年ここで続けると宣言したことがあり、挫けそうになりながらもこの場所で踏んばっています。
 自分を宥めたり賺したりしながらの、1年1年です。

 4年という時間の中には結構いろんなことがありました。
 それを素直に書いたり書けなかったりするのですが、肩の力が抜いて書いているほうが読んでもらいやすいということも、年々わかってきました。
 書くこと、読んでもらうこと、そのバランスを調整しながら、これからも言葉を紡いでいこうと思います。

 今年も、ブログの1年を占うというわけではありませんが、「The Book of Answers」を開いてみました。

   「背後に気をつけろ」
                   ロバート・ルイス・スティーブンソン 『宝島』


 これは人から後ろ指をさされないよう(刺されないよう?)やっていけ、ということでしょうか(笑)?
 
 10年という目標に向かって、今日からまたひとつずつ積み木を積み重ねるように書いてゆきます。
 お付き合いいただければ、大変うれしゅうございます。
[PR]
by fastfoward.koga | 2009-02-01 20:53 | 所信表明 | Comments(4)

歳を重ねて

 やってきました。2月1日。
 粛々としたきもちで、迎えた今日この日。
 ブログを始めて、3年が経ちました。

 2月1日を、わたしは「冬の誕生日」と呼ぶのですが(わたしは夏生まれなので)、この時期になるといつも次のほんとうの誕生日を意識し始めます。
 次の誕生日で、わたしは35歳になります。

 さっき駅からの帰り道、ベスパに跨りながら、35歳といったら結構な大人だなと思っていました。
 自分は思い描くイメージの35歳とは確実に違っていますが、でも自分を大人ではないとはもう言えません。
 確かにわたしは立派な大人です。

 ブログを始めた31歳のころは、30を過ぎたというのに独り身で実家暮らしのせいか、まだまだたっぷりとした甘えもあり、今振り返ると青さがとても目に付きます。
 歳を重ねることをいやだと、20歳以降に思ったことはありませんが、34歳の秋、ちょっと前に進むことに抵抗感がふつふつと湧き出しました。
 でも、ブログを書き始めたころの、ましてやそれ以前の自分に戻ることはもっと抵抗があります。
 結局は、きもちを前向きに時計の針を進めるしかないのです。

 わたしは今の自分を若いとは思いません。
 それは自分を諦めたり、卑下したりしてそう思うのでは、決してなく、歳を重ねてきた余裕がそう思わせます。
 34歳になって、若いことが1番で、最高なのではないと知りました。
 歳を重ねるから知ることも、感じることも、そこからなれる自分がいることも、重ねてきてやっとわかったのです。
 うれしいことに、この場所を含め、わたしの周りには魅力的な「もっと大人」な方たちがいますから、その背中に追いつけ追い越せでやっていけばいいだけなのです。


 今年はブログに目標を書いていませんでしたが、ちょうどよいのでここに記しておきます。

●もっとたくさん本を読んで、旅をして、人と出会って、文章が上手に書けるようになる
●疲れるから、がっかりするからとか言わず、出し惜しみせずできることをし、きもちを表現する

 ブログ年齢3歳ですが、いつまでもよちよちしてないで、がしがし歩いていこうと思います。
 そんな思いでさっき開いた「The Book of Answers」には、こんな言葉が書かれていました。

   「あなたは それで生計で立てるべきだ」
                   ラングストン・ヒューズ 『笑わぬでもなし』

 まさかブログで生計は立てられませんが(笑)、それくらいしっかりやれということだと受け止めました。

 どうぞまた新しい1年、おつきあいをよろしくお願いします。
[PR]
by fastfoward.koga | 2008-02-01 20:53 | 所信表明 | Comments(6)

2歳になりました

 このブログも、今日で丸2年を迎えました。
 もう2年、まだ2年。
 10年はここにいつづけようと思っているので、たかが、かなと思っています。

 2年目の1年は、なにもかもが初めてだった1年目に比べて、ペースも書く内容も波が大きかったと自分では感じています。
 安定していることがいいことだとは思いませんが、振り返っても自分自身、酔いそうな気がします。

 3年目にあたって、あえて目標は掲げません。
 ただ、自分の書くリズムを大切にして、長く続けることだけを考えて書いてゆきます。
 毎日書こうとか、みんなに共感してもらおうとか、そういう思いで言葉を埋めることはしないように。
 それが唯一のこだわりです。

 昨日、開いた「The Book of Answers」にはこう書かれていました。

  「あなたの思いたいように 思いなさい」 
                        ウォルト・ホイットマン 『私自身の歌』
 
 また新しい1年。
 冬の誕生日は、シンとした空気の中過ぎてゆきます。

 3年目も、よろしくお願いいたします。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-02-01 21:32 | 所信表明 | Comments(12)

冬の誕生日

 2月1日。
 今日で、ブログを始めてちょうど1年が経ちました。

 N嬢にブログを薦められたときのことは、今でもよく覚えています。
 振り返ると、もうそんなに経つのかとしみじみします。
 ほぼ毎日パソコンの前に向かい、考えたこと、感じたこと、思ったことを書いてきました。
 でも、読み返さなければ結構自分が書いたことを忘れています。
 形に残しているのに、自分の記憶はそんなものなのかなと、とても不思議な感じがします。

 1年間、いろんなことを書き綴り、共感の声や感想だけではなく、考えさせられる言葉をみなさんからたくさんいただきました。
 書くことにプレッシャーを感じることもありましたし、恐怖感を抱いたこともありました。
 でも、自分の中でも数少ない、やりたいこととやれることが一致することでもあるので、書くことはこれからも続けてゆこうと思います。

 夏生まれのわたしにとって、ブログを始めた日は冬の誕生日のようです。
 わたしは決してこまごまと記念日を作るタイプではありませんが、ここだけは特別で、パソコンの右隅にある時計を見ながら、この日を少しドキドキして迎えました。

 また、わたしはわたしの言葉で書いてゆきます。
 これからも、よろしくお願いします。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-02-01 00:19 | 所信表明 | Comments(20)