言霊の幸わう国

カテゴリ:旅行けば( 191 )

サークル・トランスファー ~今いる場所は

★7月23日(火)
 8:06 広島駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 8:59 岩国駅着
 9:42 岩国駅発 ⇒(岩徳線)⇒ 10:56 徳山駅着
 11:14 徳山駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 12:22 岩国駅着   -岩国散策(昼食)-
 15:29 岩国駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 16:20 広島駅着   -広島市内散策(夕食)-


c0047602_20322444.jpg
















 前日の夜、知り合いと飲みに行った。
 その人は、まだぬぐいきれないわたしの「日常のしがらみ」を知っている人。
 話を聞いてもらいたくて甘えて連絡をしたけれど、結局最後は密かに望んでいたとおりに背中を押してもらえなかった。
 足取り重くホテルに帰り、少し飲みすぎたこともあって翌朝はどんよりしていた。

 この日の目的は、岩国の錦帯橋。
 数年前からいつか行こうと思っていた場所だ。

 広島から1時間もあれば到着するその場所へ、岩徳線に乗車するために遠回りをした。
 海沿いを走る路線のどの駅だったただろう。扉が開くたびに熱風が車内に入ってきたのに、海がすぐそこに見えた駅では涼しい風が潮の香りとともに感じられた。

 列車に揺られながら、入れ替わり立ち替わりやってくる高校生たちを観察していた。
 態度や服装から、彼らが日常をどんなふうに過ごしているのか、卒業したらどうするのか。20年後、彼らは地元にいるのか、都会にいるのか。どんな年の取りかたをするのか。
 鉄旅をするといつのものことだけれど、若者の未来について考えていた。

 そんなことがきっかけになったのか、ただ列車に乗っていることが幸せだという思いがふつふつと湧いてきた。
 旅を始めて3日目、やっとそう思えたと思った。

 錦帯橋に着いたとき、13時を過ぎていた。
 ひとまず錦帯橋を片道渡り、向こう岸で昼食に岩国寿司を食べた。
 この日岩国は、猛暑日。
 昼一番、陽射しも暑さもくらくらするほどで、日なたを歩き続けるのは容易ではなかった。
 写真を撮ろうとスマホの画面を覗いてみても、なにが写っているのかわからない始末。
 念願叶ってきたというのに、写真なんてもういいやとあきらめてしまうほどだった。

 日陰を求めて岩国城へ向かったものの、必死になって展望台まで上ると暑さが倍増し、風を感じられないその場所では熱中症になってしまうような気がして、そそくさと下りてきてしまった。
 錦帯橋と岩国城周辺には資料館や美術館、少し足を伸ばせば宇野千代の生家などがあったのだけれど、どこに立ち寄る気力もなく、といってこのまま帰ってしまったらなんにも残らないなあと、よろよろと歩いた。
 戻る途中、吉香公園の木陰のベンチに腰を下ろした。
 視線の先には、大きな噴水。子どもが嬌声を上げて遊んでいる。
 できることならわたしも一緒になって水に足を浸したいと思いながら、歓声の大きさに気後れして、少し離れたところからそれを眺めた。

 息が落ち着いたところで、カバンからハガキを取り出した。
 できるだけ膝とその上に載せた荷物を平らにして、数枚のハガキを書く。
 そこで、まるで「今、錦帯橋に来ています」というハガキを書くためにここに来たみたいだと思った。

 c0047602_2024254.jpg
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-09-16 20:41 | 旅行けば | Comments(0)

サークル・トランスファー ~スロースタート

★7月22日(月)
 8:16 尾道駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 8:37 福山駅着
 8:43 福山駅発 ⇒(福塩線) ⇒ 9:28 府中駅着   -府中散策(昼食)-
 12:32 府中駅発 ⇒(福塩線) ⇒ 14:21 三次駅 
 15:14 三次駅発 ⇒(芸備線)⇒ 17:08 広島駅着   -(知人と夕食)


 2日目、ようやく列車に乗る旅が始まった。
 朝だらだらしているのはもったいないと、8時過ぎには尾道のホテルをチェックアウトしたけれど、府中駅での乗り継ぎは3時間。
 ロクな下調べもせず、心のどこかでスマホがあればなんとかなるかと思っていたのが裏目に出た。
 あとで考えれば、せめて「あまちゃん」を見てからチェックアウトをしてもよかったし、府中じゃなく福山の滞在時間を長くすればよかったのだけれど、とにかく列車に乗ってしまいたいという思いが先走ってしまい、結果、府中では一体なにをしにきたのかよくわからない時間を過ごした。

 と言っても、3時間なにもせずにぼおっとしていたわけではない。
 駅の待合室で数枚のハガキを書き、歩いて10分程度のスーパーへ行ってメモ帳とポストカードを書い足し、また駅に戻って文庫本を開き、11時半になったら駅の近くのお店に昼食を食べに出かけた。
 戻ってきたしばらくすると、12時32分発の列車はすぐにホームへ入ってきた。

 2両編成のワンマン車の乗り込むと、後ろからにぎやかな女の子の集団が追いかけてきた。
 4人がけのシート背中に当たるロングシートの隅に腰かけると、高校生なのだろう、彼女たちが近づいてきた。
 確か7人ほどいた。ロングシートで向かい合って、分かれて座る。
 ひとりは、わたしが横に置いたリュックのすぐそばに座った。
 あぁ、もう少し離れてほしかったなあと思いながらも、もう席を移る気にはならなかった。
 そっとのぞき見してみると、みな泳ぎに行くようだ。
 ポケット時刻表の路線図を眺め、彼女たちが泳ぎに行くような場所がある駅はどこなのか探してみた。
 でも土地勘がわるわけではなく、見たところで検討もつかない。
 どのくらい一緒に乗っていなければならないのか想像して、小さくため息をついた。

 初めは、想像どおりの騒がしさだった。
 本当はホームで食べるつもりだったのだろう、コンビニの袋から冷麺やらおにぎりやら唐揚げが出てきた。
 食べ終わったら、今度は水着は着てきたか、駅からどのくらい歩くのかと話し出す。
 いったいどの駅のどの町にプールなどあるのだろう、わたしは目を閉じて彼女たちの話を聞くとはなしに聞いていた。
 すると、ひとりが浮き輪を持ってきた持ってきていないと口にしたとき、別の誰かが「天然のスライダーがある」と言い出した。
 あぁ、彼女たちが向かっているのはプールではなく、川なのか。
 疑問が解けたところで、わたしはうとうとし始めた。

 そのあと数駅先で、彼女たちは天然スライダーのある川を目指して列車を降りていった。
 車内は、案の定静かになった。
 駅を出てしばらくすると、窓の外にしぶきを上げる川が見えた。
 あの子たちはこの陽射しと暑さの中、ここを目指すのか。
 そう思うと、くらくらした。
 でもきっと、わーわーきゃーきゃー言いながら歩くのも、彼女たちは楽しい時間なのだろう。
 それは、ちょっと面倒なような、うらやましいような。

 そうして1日列車に乗り続けたけれど、今自分が旅をしているという実感はまだ薄かった。
 体は日常からは離れた場所にあるというのに、頭と心がまだ追いついてきていなかった。
 置いてきた頭と心が細い糸で繋がって、いつもの場所から引っ張られているような感覚。
 現にその日もまだ日常の世界からの連絡は途切れず、ほっぽり出してきた罪悪感からいちいち律儀に返事を返していた。
 鎧は脱いでもぬぐえないものが、まだあったのだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-08-18 15:20 | 旅行けば | Comments(0)

サークル・トランスファー ~鎧を脱ぐ

★7月21日(日)
 7:45 京都駅前発 ⇒(高速バス)⇒ 12:21 尾道駅前着   -尾道散策(昼食・夕食)-


 旅に出るにしては、鎧をつけたような重苦しさがあった。
 旅の支度をしながらも、日常のわずらわしさをぬぐい去ることもできなかった。
 それでも旅に出たのは、そうしないとおかしくなるなと、頭のどこかで思っている自分がいたからだ。
 旅に出てようやく気づいたことだけれど、それくらい切羽つまっていた。

 行き先は、と言うようり、どのあたりに行くかは迷わなかった。
 次に鉄旅をするなら中国地方だなと、前から考えていたから。
 でもいつものようにガイドブックを熟読し、ネット検索を駆使したわけではない。
 ただ列車に揺られたいと決めた行程。
 だから、できあがった行程は、ある点を基軸にしてぐるぐる巡り移動するものになった。

 1日目は尾道に行こうと決めたのは、長らく行っていないことが気にかかっていたことと、ドキドキするようなところへ行く気力がなかったからだ。
 安心できる場所へ行きたい、そう思っていた。
 そうして尾道は、そんな期待を裏切らない。
 街を歩きだしてから記憶を辿ると、訪れるのは3年ぶりだった。
 変わっているところ、変わっていないところ、どちらも感じたけれど、歩けば歩くほど帰ってきたのだという思いが湧き上がってきたことがうれしかった。

 高速バスで尾道駅前に着いてすぐ、ホテルへ背負っていたリュックを預け身軽になった。
 その足で駅前にあるお稲荷さんにお参りして、ご無沙汰してますとご挨拶をする(ここのお稲荷さんとは前回ちょっとしたことがあったので、お参りははずせないのだ。詳しくはこちら→)。
 そのあと商店街でお昼を食べ、迷わずロープウェイ乗り場へ向かった。

 千光寺に向かうロープウェイは、するすると上がっていった。
 すでに汗だくだというのに、その緩やかさが心地よい。
 視線が高くなり、海とその手前に町の景色が広がる。
 それは何度も見てきた風景。
 そこでわたしは、胸の内であーと歓声を上げた。

 いつものように千光寺さんにお参りし、おみくじを引く。
 今回は小吉で、中に入っていたのは恵比須さん。
 これまでここで何度もおみくじを引いてきたけれど、毘沙門天と大黒天がふたつずつ、福禄寿と弁財天がひとつずつだったので、恵比須さんは初めて。
 なくさないように、カバンのポケットに仕舞いこんだ。

 お参りのあとは、くねくね歩いて坂を下る。
 尾道は思いつきで歩いても必ず見覚えのある景色に出会うから、安心して迷子になれる。
 たとえ自暴自棄になって、わーんと駆け出しても、必ず守ってくれる懐の深い町なのだ。
 
 下って上ってをくり返しながら、御袖天満宮、西國寺、金剛院、宝土寺を巡る。
 その途中、気分を変えたいなと志賀直哉旧居と文学記念室を訪れた。
 志賀直哉旧居では数年前に読んだ『暗夜行路』の世界を思い出し、さらに大すきな『城崎にて』に思いを馳せた。
 文学記念室では、「こんにちは」と中に入ったとたん、係の方に扇風機のある縁側へと案内された。
「まあ、どうぞどうぞ」と冷たい氷水までいただき、縁側でひと息ついた。
 庭をはさんだ向こうには、瀬戸内海と尾道大橋。
 それをぼんやり眺めながら、部屋の向こうからは係の人ふたりがするなんてことのない日常の会話に耳を傾ける。
 音がないわけではないのに、静かだと感じた。
 キーボードを叩く音、電話で話す声、途切れることなく紙を吐き出すプリンタの音、誰かを呼びつける上司の声。
 いつも自分を取り巻いている場所で鳴っている音との違いに、わたしは浸っていた。
 正座した体が、小さくしぼんでゆくようだった。

 ここまで来て、自分を大きく見せる必要などないのだと、無意識の中の自分が気づいた。
 そこで、やっと、本来の大きさの自分が戻ってきた。


c0047602_23325174.jpg 
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-08-17 23:35 | 旅行けば | Comments(0)

サークル・トランスファー ~鉄子初心に戻るタイムテーブル

★7月21日(日)
 7:45 京都駅前発 ⇒(高速バス)⇒ 12:21 尾道駅前着   -尾道散策(昼食・夕食)-

★7月22日(月)
 8:16 尾道駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 8:37 福山駅着
 8:43 福山駅発 ⇒(福塩線) ⇒ 9:28 府中駅着   -府中散策(昼食)-
 12:32 府中駅発 ⇒(福塩線) ⇒ 14:21 三次駅 
 15:14 三次駅発 ⇒(芸備線)⇒ 17:08 広島駅着   -(知人と夕食)

★7月23日(火)
 8:06 広島駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 8:59 岩国駅着
 9:42 岩国駅発 ⇒(岩徳線)⇒ 10:56 徳山駅着
 11:14 徳山駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 12:22 岩国駅着   -岩国散策(昼食)-
 15:29 岩国駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 16:20 広島駅着   -広島市内散策(夕食)-

★7月24日(水)
 8:12 広島駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 9:30 糸崎駅着
 9:32 糸崎駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 10:00 福山駅着
 10:24 福山駅発 ⇒(福塩線)⇒ 10:37 神辺駅着
 11:00 神辺駅発 ⇒(井原鉄道)⇒ 11:56 総社駅着
 12:49 総社駅発 ⇒(吉備線)⇒ 13:27 岡山駅着   -(昼食)-
 14:12 岡山駅発 ⇒(瀬戸大橋線)⇒ 14:34 児島駅着   -児島散策-
 16:10 児島駅発 ⇒(瀬戸大橋線)⇒ 16:32 岡山駅着   -(知人と夕食)-

★7月25日(木)
 9:18 岡山駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 10:21 相生駅着
 10:23 相生駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 10:43 姫路駅着
 10:54 姫路駅発 ⇒(姫新線)⇒ 11:26 播磨新宮駅着
 11:58 播磨新宮駅発 ⇒(姫新線)⇒ 12:28 佐用駅着   -(昼食)-
 13:21 佐用駅発 ⇒(姫新線)⇒ 14:20 津山駅着
 14:33 津山駅発 ⇒(津山線)⇒ 16:03 岡山駅着   -(夕食)-
 

★7月26日(金)
 7:24 岡山駅発 ⇒(伯備線)⇒ 8:51 新見駅着
 9:51 新見駅発 ⇒(姫新線)⇒ 11:28 津山駅着
 11:35 津山駅発 ⇒(因美線)⇒ 12:43 智頭駅着
 12:56 智頭駅発 ⇒(因美線)⇒ 13:40 鳥取駅着   -鳥取市内散策(昼食・夕食)-

★7月27日(土)
 6:52 鳥取駅発 ⇒(山陰本線)⇒ 7:38 浜坂駅着
 8:10 浜坂駅発 ⇒(山陽本線)⇒ 9:26 豊岡駅着
 9:43 豊岡駅発 ⇒(北近畿タンゴ鉄道・宮津線)⇒ 11:57 西舞鶴駅着   -(昼食)-
 14:23 西舞鶴駅前発 ⇒(高速バス)⇒ 16:25 京都駅前着


 出発前日に行程を決めたこともあり、例年ほど事前にガイドブックをめくることもできず、ただひたすら列車に乗る旅になった。
 と言っても、もともと決めていた行程を何度か変更し、乗車距離数は減らすなどした。
 今路線図を見直すと、もっといい回り方があった気もするけれど、何年も積み重ねる夏の鉄旅でこういう年が1年くらいあってもいいかと思い直した。

 だんだん旅をする体力は低下し、それにつらて気力もひきずられがちになっていることを自覚しつつ、土曜日から翌週の日曜日までの休みをめいいっぱい使わなかった今年の旅。
 それでも途中から旅勘が戻ってきた感じはした。

 駅で過ごす待ち時間にたくさんハガキを書いた。
 ほんとうはもっと書きたかったくらいだった。

 住む街を離れて、遠ざかれたものと近づいたもの。
 あの時間を埋めるものは、やっぱりあの旅でしかなかったのだと確信する。
[PR]
by fastfoward.koga | 2013-08-10 20:09 | 旅行けば | Comments(0)

お伊勢参り

 誕生日の夜、仕事を終えてから近鉄特急に乗った。
 帰宅する人たちがホームに行列をつくる姿を横目で見ながら、特急はするするとすり抜けるように走った。
 シートに腰掛けていたわたしは、旅に向かうというのに、削除したはずの友人から再びメールが届き、憂鬱になっていた。
 車窓は、少しずつ青い色に染まってゆく。
 空は徐々に明るさを消し、灯りが目にとまる。
 その様子をぼんやり見ていたら、再び削除した友人のことも、前のシートでいびきをかいて寝ているおじいさんのことも、後ろのシートで歌を歌う女の子たちのことも、みな気にならなくなってきた。

 翌朝、伊勢市は雨だった。
 晴雨兼用の日傘では太刀打ちできないと、ビニール傘を買う。
 その傘を閉じたり、開いたり。
 1日そんなことをくり返していた。

 外宮から内宮をお参りする。
 どちらもお願いごとをするというより、30代最後の年を迎えたことを報告しに行った小さな旅。
 手を合わせても、頭の中は空白だ。
 ただ来ました。
 そんな小さな小さな旅。

 いい1年にしよう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-07-08 08:37 | 旅行けば | Comments(4)

タイ・夏先取り ~カンチャナブリ

 少し間が空いてしまいましたが、タイ・バンコクの旅写真、続けましょう。
 この日は、バンコクからバスで3時間ほどのところにあるカンチャナブリに出かけました。

c0047602_21111746.jpg












(↑ 日中の最高気温は40度。あきらめがつくほどの快晴。)


c0047602_21131192.jpg















(↑ 犬も日陰でぐったり。)

c0047602_21163362.jpg















(↑ よく見ると、埋め込まれているのはお皿。)

c0047602_21194259.jpg















(↑ バナナジュース! わたしは飲んでないけど。)

c0047602_2141234.jpg















(↑ どこに行っても鉄子は鉄子。やっぱり線路が気になる。)

c0047602_21274048.jpg












(走っていたのは、この観光列車。)

 この列車が走る鉄橋は、映画『戦場に架ける橋』の舞台となった橋。
 今も実際に日に数本列車が走っているということでしたが、来る様子はないので行けるところまで行ってみようと歩いてゆきました。
 どのくらい歩いたか、橋の出っぱり部分にウクレレを持ったおじさんがひとり。

 おじさんはわたしの顔を見るとにっこり笑い、おもむろにウクレレをポロロンと鳴らして歌いだしたのは、『上を向いて歩こう』。
 ワンコーラス歌い終わってはんかんだおじさんは、チョーキュートでした。
 そう言えば、おじさんは憂歌団の木村充揮に似ていた。
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-06-02 21:44 | 旅行けば | Comments(0)

タイ・夏先取り ~バンコク

 今回も小さめに、でも暑さはしっかりお伝えしたいと思います。

c0047602_21323673.jpg















( ↑ 透きとおる青い空)


c0047602_2135429.jpg















( ↑ 洗濯物、よく乾きそう。ちなみに、線路は現役)


c0047602_21392475.jpg















( ↑ タイの公衆電話)


c0047602_21423291.jpg













( ↑ 国は違えど、空は同じ)


c0047602_2145396.jpg













( ↑ 暑い国には鮮やかな花が似合う)


c0047602_21475312.jpg












( ↑ 魅惑の灯り。なんて書きつつ、タイ料理でお腹はいっぱい)
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-05-20 21:49 | 旅行けば | Comments(2)

曇りのち晴れのはずが意外に雨 ―20年

 旅に出ないと、もうあかん、死んでしまうと叫んだのは卒業式のあと。
 口に出すとその言葉は深みを増し、今すぐどうにかしなければとその日のうちにホテルと高速バスの予約をした。
 こういうとき、行き先は迷わない。
 条件を入力して検索ボタンを押したときのように、今回も目の前に行き先はふわっと現れた。

 期限は2日間。
 その限られた時間はできるだけ旅先で過ごしたいから、青春18きっぷは使わない。
 でも電車には少し乗りたい。
 そう言えば、高速バスならまだ学割が使える。
「ピピピピピ・・・。検索結果が出ました。行き先は、香川です」
 そうだ、高松とこんぴらさんに行こう。
 そう思った。

 ガイドブックを買い、香川の地理と距離感をつかんだあと、ざっくりスケジュールを立てる。
 たった2日間だ。
 できることはそう多くないけれど、目的は旅に出ること。
 旅に出たら、とにかく旅先の町をひたすら歩き、上る。
 それが、わたしのしたかったこと。

 8時前に京都駅を出発する高速バスに乗り、1週間の疲れをまだひきずっているせいで高速道路に入ったらすぐに思考が緩んだ。
 でも不思議なことに眠りはしない。
 そのぼやんとした頭で、以前香川に行ったときのことを思い出していた。

 前回は、2009年の春。徳島から高知、愛媛と順に巡り、最後に香川に立ち寄った。
 そのときは、さらりと駆け抜けた程度だ。
 高松駅からやはり高速バスに乗ったとき、今度はゆっくり、もう1度改めてこようと思った。
 そしてその前は、18歳のとき。
 くしくも、今回、前回と同じ3月。
 友人5人と松山からこんぴらさんを経由し、高松へ移動する、卒業旅行だった。

 わたしの卒業旅行は、高松とこんぴらさんと決まっているのだろか。
 そして香川は、3月に行きたく場所なのだろうか。
 そう思ったら、笑みが漏れた。

 20年前の記憶。
 今回はずっとその抽斗を開け閉めしていた。
 記憶をめぐる旅。
 それこそが、わたしらしい。

c0047602_2325499.jpg
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-03-31 23:25 | 旅行けば | Comments(0)

曇りのち晴れのはずが意外に雨 ―香川をゆく

 行くぞと意気込み、出かけたのは香川。
 前日京都で確認した天気予報では傘マークなどなかったのに、2日とも雨に降られた。
 折りたたみ傘も持ってなかったけれど、買わずにやり過ごした。

 それでも久しぶりに旅らしい旅をした気がする。

c0047602_23284178.jpg
[PR]
by fastfoward.koga | 2012-03-25 23:15 | 旅行けば | Comments(0)

たびあしあと(2010年)

 2010年最後の日。
 わたしの場合、1年の振り返りはやっぱり旅。
 今年も旅に出たなあと、自分の書いたものを読み返していたら、他にもいろいろあった1年だけれど、これでよかったという気になるから不思議。


1.舞鶴・小浜
2.鹿児島
3.山梨
4.福井・富山・新潟・長野
5.長野・戸隠


 最後の最後まで尾道に日帰りで行こうかどうか迷って、行かなかった。
 心残りはそれくらい。
 
 来年も攻めます。さらに攻めます。
 旅は、攻めなくてどうする、くらいのきもちで行こう。

 旅が、わたしを呼んでいる。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-31 12:30 | 旅行けば | Comments(4)