言霊の幸わう国

<   2005年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アカルイアシタ

 昨日、落ち込むようなことがあった。
 ひとりで大阪駅から電車に乗り、最寄駅に着くまで本を読んでは考え、本を読んでは考え、どよ~んとした空気に包まれたまま帰ってきた。
 駅に着いて階段を降りるときに、ふと思った。

 お酒が入ってから落ち込むような話を聞くとつらいよな~。
 なにがこんなにきもちを沈ませるのかな~。
 人に話せたら楽になるのかな~。
 でも性格的に現在進行形で落ち込んでる話ができないんだよな~。
 なんでできないのかな~。
 生々しすぎるし、話してもおちつかないよな~。
 それはやっぱりこのプライドの高さがそうさせるのかな~。

 ・・・などなどなど。

 考えすぎたと言われるのは、慣れている。
 でもさすがに昨日は、ただ落ち込んでいられない自分にちょっと嫌気がさした。
 なあんで落ち込んでいる自分をとことん分析してしまうんだろ。
 結局、お風呂に入っても気は晴れず、鬱々としたまま止まらない咳と戦いながら眠った。

 小さいころから毎日決意ばかりしていた。
 毎晩、明日は生まれ変わろうと思っていた。
 今はそんなふうに簡単に自分を変えようと思うことはなくなった。でも、やっぱり変わりたいし、変えていきたい。

 昨日の空気を引きずったまま、仕事に出かけた。
 バタバタと今年度最後の一日は終わった。
 なんにも解決はしていないけど、考えるだけの昨日よりはずいぶんまし。

 考えることはやめたくない。それはわたしの特技だから。
 でも考えるだけじゃなく、動かないと望む明日はやってこない。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-31 22:31 | 一日一言

価値ある時間

 わたしは出かけるときには必ず腕時計をつける。
 それは高校生のときからの習慣だ。
 今は携帯で時間を確認する人もいるけれど、わたしはすぐに自分の左手首を見る。ごくごくたまにつけ忘れてそれをやってしまって、ひとり恥ずかしい思いをすることがある。

 朝起きる時間も小学生のときから最低出かける1時間前、待ち合わせしても早めに着くようにするなど、時間に関する決め事は多い。だから、腕時計が必需品なのだ。
 とは言うものの、ある時期、自分がすごく時間に縛られている感じがしていた。
 でも今は、きっちりと決められた時間の中での生活と時間に束縛されない生活の両方があるからどちらの良さもわかるのかな、という気がしている。

 昨日の晩は眠れないなとあきらめながらも、1時間毎に時計で時間を確認していた。
 あんな時間の過ごし方をしたのは久しぶりだ。
 早く進んでほしいような、このままぼんやりしていたいような、そんな感覚。
 昼間も大きく窓を開けて、のんびりそうじをした。寝不足の頭にはちょうどいいスピード感だった。

 時間は誰にでも平等だ。
 それなら価値のある過ごし方をしたいと思う。
 価値は、自分が決めるものだし。

 みなさんは、今日はどんな価値ある時間を過ごしましたか?


【おまけ 今日のボケボケちゃん】
 一度買い物に出てうちに帰ってきて、また出かけたとき。はめてたはずの腕時計がなく、どこに置いたかもすぐにわからなかったので、仕方なく別の時計をはめて出かけた。
 買い物の途中、自分の左腕を見てビックリ。
 はずしたと思っていた時計がちゃんと左腕にはめられていた。
 ということは・・・。そう、わたしは左腕にふたつも腕時計をはめていたのだ! なんでふたつめの時計をはめるときに気づかなかったんだろ?? と自分でも不思議だった。
 ま、それだけ時計が自分の体の一部になってるってことよ! って、ダメか? 
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-29 23:00 | 往復書簡

過信するべからず

 まだまだつづく風邪ネタ。
 今年の風邪はしついこいね~なんて言うつもりはありません。自業自得。飲みにいっておとなしくできなかったのが敗因です・・・。

 ということで、まだ声は若干ガラガラ。咳のしすぎで腹筋は痛いし、それをかばって腰は痛いしさ~。
 昨日は夜勤で12時前に帰ってきましたが、ブログ書いて、お風呂に入って、寝ようとしけれど咳が怖いぐらい止まらず、結局そのまま朝を迎えてしまった。
 試験勉強や飲むにしても、あんなに眠気がこないまま徹夜したことは今までなかった!
 
 おお、31歳にして初体験。
 っていうか、今年インフルエンザにかかって「歳を感じる」と言ったT氏の言葉を改めて噛みしめるわ。
 なにごとも過信はいけませぬ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-29 22:16 | 一日一言

リトルガール

 先日、会社帰りの電車の中でかわいい女の子を見かけた。
 かわいい、と言っても、テレビにで出てくる子役のような完成されたかわいらしさではない、どこか惹きつけられるような魅力をわたしは感じた。
 たぶん2、3歳くらいで、目は一重で、まだぷくぷく感がたっぷりある子だった。

 子供はどんな子もかわいいと思う。
 しぐさや表情を見ていると、ほほえましい。
 でも、その子は、そんなふうにいつも子供を見たときに感じる以外のなにかをもっているような気がした。

 女の子は、初めはとなりにすわっている学生の男の子のマンガを覗き込んでいた。そして男の子が読み終わってマンガを閉じてしまうと、前の方をぼんやり見つめながら何かを考えているようだった。
 その表情は、子供がよくやる自分の世界に入り込んだときのそれとは異なっていて、ついさっきあった心に残るできごとをふと思い出している、そんな顔をしていた。

 どこから見ても子供なのに、思いに浸るその表情はいっちょまえの大人みたい! と惹きつけられた魅力に気づいたわたしは、すごくうれしくなった。
 もっとその子を見ていたいし、できることならおしゃべりしてみたいとさえ思った。

 わたしもぼんやりとなにかに気をとられているとき、あんな表情をしてるのだろうか。
 なんだか、あの小さな女の子に「魅力」を教えてもらったような気がした。
 天晴れ、ですわ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-29 00:37 | 一日一言

ダウン~

 久々にひどい風邪になった。
 咳のしすぎで腹筋が痛いわ、眠れないはで散々だ。
 なんとか今日は会社に行けそうなので、今から行ってまいります。

 帰ってきたら、2日お休みしたブログ、また書きます~。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-28 11:42 | 一日一言

仕切屋の悲しい性

 今日も仕切り屋パワー炸裂。
 お世話になった所長が今月いっぱいで本社に異動になってしまうので、今晩は急遽送別会になった。
 集合をかけたのは昨日と今日の2日間なのに、なんだかんだ20数名集まって、お酒が入ると定員さんの声では奥まで届かないので、ガラガラ声で叫んじゃったよ・・・。
 オーダーのときには「もう注文ないですか~」と叫んで、品物来たら「ウーロン茶は誰? 芋焼酎のロックきたよ~」と叫んで、しまには「チーママみたい」って言われた~!

 帰りの電車ですでにぐったり。
 まだあと3日仕事だけど、明日は声が出ないかも。
 首の後がだるいけど、ほんとにやばいかな。
 って、これ書いてる間に寝ろよって感じ。

 しかし、今日くらいおとなしくしておけばよかった。
 お酒飲んだ上に、大声出したらのども痛めるわな。
 でも、ちゃきちゃきことが運ばないのはいやなんだも~ん。
 どうしても指示出しちゃうんだも~ん。
 ああ、悲しい性。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-25 23:30 | 一日一言

寝る子は育つ

 わたしはもともと寝つきはよい方だと思う。
 でも年々、寝るときの環境設定にはこだわるようになってきた。
 2年前のちょうど今ごろに自律神経が少しおかしくなってアレルギーが出たときに、不規則な生活を指摘されたので、せめて質のいい睡眠時間をと思うようになったのだ。

 こだわりを挙げるとこんな感じ。

 一、真っ暗なこと
 二、静かなこと
 三、ふとんは暑すぎず、寒すぎず
 四、お風呂は寝る前に入り、五葉茶Ⅱを飲んで、体を温める
 五、本を読む

 だいたいこれで毎日ストンと眠れている。
 四番は、体温を下げると眠りやすいと聞いたことがあるので、お風呂プラス五葉茶Ⅱというお茶で体を温めるようにしている。
 五番は、昔からの習慣で、横になって本を読むと自然に眠くなるので、ひとつの眠りへの儀式だ。

 ということで、今日もぐっすり。
 おやすみなさい。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-24 23:05 | 一日一言

新鮮さ

 今日、読売テレビの夕方のニュースで、宮沢りえがインタビューを受けていた。
 あいかわらずきれいだなと思って見ていたら、案の定、男性キャスターに「美しさのひけつは?」と聞かれていた。

 宮沢りえという人の素晴らしさは、ありのままでいるところではないかと思う。
 わたしは自然体、という言葉にはどこかうそ臭さを感じるので、ピタリとはまるのは「ありのまま」。
 自分を必要以上に大きくも小さくも表現しないところが、潔くていい。
 芸能人は自分のイメージに固執しすぎてしまう人がいるけれど、そういうこともないし。
 ショートカット推進派としては、あのさらさらのロングヘアからいきなりベリーショートにしただけでも拍手喝采なのに、これまたショートヘアが似合うのだ。
 いつも見ても、彼女には今までできなかったことをちゃんと毎回クリアして新しい自分になっている新鮮さを感じる。

 そんな彼女は、キャスターの質問に少し考えてからこんなことを答えた。

「今に満足しないこと。可能性を追うこと」

 そりゃ、いつまでも新鮮さが失われることはないか、と見ていて思った。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-23 21:07 | 一日一言

へなちょこ

 風邪をひいた。
 確か今シーズンはひいてなかったはず~。
 会社で電話に出ると「相変わらずの美声やね~。風邪ひいたりしてないの?」なんて言われて、「ハイ!」と調子よく答えてたのにな。頭に乗りすぎたかっ。

 たいてい、わたしは真冬には風邪はひかない。季節の変わり目に弱い。
 起きているときの体調管理はバッチリなんだけど、寝ているときにふとんを蹴っ飛ばして寒くて目が覚めて風邪をひくというパターンが定番だ。
 無意識にすることまで管理はできんのよ。とほほ。

 で、風邪をひくと、それを自覚した日はとにかくへなちょこになる。
 しんどい自分に慣れないのだ。
 今日出かける前も、頭も体もシャキシャキ動かず、もそもそ支度をしていたら、ビックリするようなことを忘れてた。
 マスカラの塗り忘れ!
 どうりで鏡を見たときにインパクトのない顔をしていると思った・・・。危うく、大きなミスを犯すところだった!
 自分のへなちょこさ加減がよくわかったわ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-22 23:59 | 一日一言

これからなりたい自分

 10代のころは、歳を重ねていくことに抵抗があった。
 高校生のときは誕生日に「おめでとう」とともだちから言われることに耐えられなくて、ズル休みしたこともあった。
 それが、あるときから、パタリとなくなった。

 わたしには、ものすごく影響を受けた人がいる。
 怖いぐらいに、「影響を受けた」という表現がぴったり当てはまる人だ。
 一度、K嬢にその人の話をしたら、「あのときの××ちゃん(わたしのこと)は猛スピードで走ってた」と言われて、ふたりで大笑いした。そのくらい、わたしはその人にまっすぐに向かっていたのだ。

 出会ってから10数年。さすがにそのくらいつきあいになると、ふたりの関係にも波があるから、遠くに離れてしまったり、ニアミスするくらいに近づいたこともある。
 でも、どんなときも2年先を行く、その人の背中を見ていた。その人がいるから、大人になることも、歳を重ねてゆくことも怖くなかった。
 その人がいつもいろんなことを先にやってみせてくれたから。

 知り合ってからの時間のわりに、かわした言葉や共有できた空間は圧倒的に少ないけれど、ひとつひとつの関わりに重みを感じている。
 数年前までは、こんな関係がずっと続いていくのかなと思ったこともある。
 でも、もういい。受けた影響が大きすぎて、ちょっと疲れた。
 それに、わたしはもう、その人の背中を見ていなくても生きていける自信がある。
 生きていける自信、なんていうと大げさだけれど、これから先、なりたい自分がちゃんと見えているから大丈夫なのだ。

 その人は言った。
「車を運転してると、見てる方に自然とハンドルを切ってしまうやん。それと一緒。なりたい自分がはっきりしてれば、なりたい方へいけんねん」と。

 長々と身をもって教えてもらったので、そろそろひとりでがんばらなきゃね。
「歳とるの、楽しそうやしな、自分」と誉めてもらったことだしさ。

c0047602_21102512.jpg
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-03-21 21:12 | 一日一言