言霊の幸わう国

<   2005年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ヘーキじゃない

 今日、明日は、連休。
 のんびり起きて昼からヨガに行くので支度をしていると、H氏からメールが届いた。
 雑談のようなメールを何度かやりとりしている中で、ふと心が立ち止まってしまう言葉に出くわした。

 H氏は、連休だと書いたわたしのメールに「平日休みやと誰も遊んでくれへんなぁ」と返事をくれた。
 わたしは「ひとりで買い物に行ったり、映画もライブを見たりするのも慣れたかな」と書いて、またメールを送った。
 その後、自分の書いた言葉にむくむくと疑問がわいてきた。

 わたしは、ひとりでいたいのか?
 ひとりがすきなのか?
 さみしくないのかな? って。

 もし休みが2日あったとしたら、1日は誰かと、1日はひとりでいたい。
 町を歩くのも、ひとりだと気が楽だ。
 待ち合わせで、ひとり相手を待っているのがすき。
 誰かと約束をしていても、ふっとキャンセルしたいなと思うことがある。
 ゴハンも、映画も、ライブも、少しずつひとりでも平気だと思えることが増えてきた。

 欠陥、かな。
 たまに、自分のことをそう思う。
 これ以上進むと、ほんとうに欠陥になりそうな気がする。

 あ~、でも正直、そろそろ誰かと一緒にいたいとも思う。
 きもちだけでなく、手が触れられる、相手の体温が感じられる距離に誰かがいてほしいと思う。
 ひとりでもヘーキ。なんて言葉、これからは言わないようにしよう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-30 22:35 | 一日一言

ウィットとは?

 わたしの名前は、きっと日本にひとつしかないと思う。
 自慢じゃないけれど、いろんなところでいい名前だと言われることが多い。
 先日も、会議で1年ぶりにI本部長にお会いしたら、1度聞いたら忘れないいい名前だとまた褒めていただいた。
 そんなふうに懇親会でひとしきりわたしの名前の話を数人でしていたあと、本部長はこう言った。

「やっぱり人間には、インパクトとウィットが必要だ!」と。

 本部長のその言葉を聞いて思った。
 わたしは名前にはインパクトがあるけれど、わたし自身にはウィットはないなと。
 でも、そもそもウィットとは一体どんなものなのか? と考えた。
 その日から、その言葉が何度も頭をよぎった。
 
 そんな中、答えを見つけた。
 答えは、今売れているあの本、「生協の白石さん」が教えてくれた。

 白石さんはほんとうにすごい。
 ひとつひとつの質問、要望に、しっかりときもちを込めて、清々しい言葉で返事をしている。
 わたしが白石さんの言葉に「ウィット」というものを感じたのは、次の質問に対するお返事だ。

  「青春の1ページって
  地球の歴史からすると 
  どれくらい
  なんですか?」


  「皆さんは今まさに1ページずつめくっている最中なのですね。
  羨ましい限りです。
  地球の歴史というよりも、私の歴史からすると、
  目次でいえばかなり前の方です。
  いつでも呼び出せる様、しおりでも挟んでおきたいものです。」 


 わたしも白石さんくらい、気の利いた言葉を言ってみたい。
 それくらい、言葉をうまく操れるようになりたいものだ。


※ すみません。「ウィット」と書くところを「ウェット」と書いておりました。
   訂正しました。は~、恥ずかしい間違い。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-30 00:18 | 一日一言

カチカチ カチカチ

 さっきテレビでIQがチェックできる番組をやっていた。
 全部で80問。テレビの前で、画面に釘付けになって問題を解いていた。
 IQ値はさておき、おもしろかったのは右脳と左脳のバランスで適職がわかるというテーマの部分だった。
 一般的に右脳は直感、左脳は論理と言われるけれど、今回もそこを基本に番組は進んでいった。

 学生のころは、自分は直感で生きていると思っていた。
 これだ! というカンで物事を判断し、それに後付で理由をつけていた。
 でも、いつのころからか、物事をまず論理的に捉えているかもしれないと思うようになった。

 どこでスイッチが切り替わったのか?
 自分でもわからないので、不思議だ。
 遡って考えると、昔からそうだったような気もするし、やっぱりどこかで変わったような気もするし。
 だんだんわからなくなる。

 テレビでの診断の結果は、わたしは物事をインプットするのもアウトプットするのも左脳を使っているらしい。
 言うなれば、分析的に物事を理解し、理論的に表現するタイプの人間だということだ。

 こうして書くと、やっぱり固い。
 カチカチ、カチカチ、カチカチカチカチ・・・。

 う~ん。
 今の良さを活かしつつ、なんとか丸みを帯びることはできないだろうか?
 正方形を丸にするのではなく、正方形の角だけを丸くする。
 ・・・それならできそう。
 きっとそれが、わたしにピッタリの形だと思う!
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-27 22:23 | 一日一言

将来の夢

 今日、K嬢と将来の夢について話した。
 将来の夢。
 20代前半のころは、それはこどものものだと思っていた。
 だから、もう大人と呼ばれる年齢になった自分には語ることのできないものだと決め付けていた。

 でも、ある日、誰かに聞かれた。
 夢はなに? と。

 わたしは答えられなかった。
 夢を見ることが恥ずかしいと思っていたのではなくて、夢見るようなことがなにもなかった。

 欲望や、希望はあった。
 でも、夢と言われるとそれらはどれも違っているような気がした。
 夢はもっと夢らしく、大きく明るく力強いものでないといけないのだ。

 今なら。
 夢があると言える。
 10年前には言えなかったことが、時間を積み重ねてゆく間に言えるようになった。
 こんな10年なら、わたしはきっとまた違う夢を見ることもできるだろう。
 今の夢にさらに輪をかけた、すごい夢が。

 みなさんの将来の夢はなんですか?
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-26 22:14 | 往復書簡

時間が足りない!

 時間が足りない。
 どう考えても、足りない。

 くるりとAIRのアルバムが同じ日に発売された。
 どっちも聴きたいけれど、同時には聴けない。
 12月のアタマに試験がある。
 勉強したいけど、仕事が片付かない。
 休みの日はヨガも行きたいし、ともだちにも会いたい。
 でも、全部は一度にできない。

 そんなときに限って、なぜか体は睡眠をいつも以上に要求する。
 今も、眠くて眠くて仕方ない。

 眠りながら、勉強できたらなんて贅沢は言わない。
 でも、音楽が聴けたらいいなとは思う。
 眠るわたしの頭の中で、究極のラブソングが流れてたら、いい夢も見られそうなものなのに。

 そんな夢みたいな夢を見ることを考えている。
 もうダメだ。まぶたとまぶたがくっつきそうだ。
 きっとおやすみ3秒で、眠りにつきそう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-25 23:59 | 一日一言

ずっとすきでいつづけること

 今日は(あ、日付変わっちゃった)、AIRのライブだった。

 開演は20分も遅れていた。
 スモークで煙るステージを遠くから見ながら、何度感じてきたことだけれど、開演直前はなぜかいつもクラクラするなと思っていた。
 でも不思議と、イライラするきもちはなかった。
 まるで今日のライブのデキのよさを予言するかのようだ、と今思う。

 長い長い間、彼を見てきたけれど、今までの中で一番いいライブだった。
 今日はオールスタンディングだったので、できるだけステージ全体が見えるようにと後ろのほうに陣取って見ていた。
 後ろの壁から約1.5メートル。
 それでも、押し寄せてくる音の渦に飲み込まれるようなきもちになる瞬間が何度もあった。

 AIRのライブはいつも、照明がいい。
 今日もステージから照らされる強烈な光に、やられた。
 彼がギターをかき鳴らし右手を高々と上げたときに、その肩から腕のラインがきれいにシルエットになって映し出された。
 光を背に立つ彼は、かっこよすぎる。

 ステージを走り回る彼は、まるで10代のころのようだった。
 そんな姿を見て、スタッフの男性が笑顔になっているのを見つけた。
 ギターを抱えて膝から滑り込んだときは、思わずその人たちが伸び上がってステージを覗き込んでいた。
 そんなふうにまわりを笑わせたり、心配させたり。
 おいおい、もう34だよ、と思わず心の中でつっこんだ。

 開演を待ちながら、ふとこの人のことを知ってからどのくらい経つんだろうと思った。
 指折り数えるのは、さすがに恥ずかしいくらい。
 数えると、ちょうどわたしの人生の半分。
 そんな長い時間、ずっとすきでいるなんて我ながらすごい。
 そして、これからはそんな時間がもっとつづいて長くなってゆくのだ。

 ひとり会場のすみで、すきな曲やなつかしい曲が始まるたびに、涙がこみ上げてきそうになるのをこらえた。
 今はまだ耳鳴りとともに、やわらかくてどっしりした空気の中、余韻に浸っている。
 はぁ~、幸せなひとときだった。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-25 00:42 | 一日一言

ポケットの中には

 昨日の話の続きじゃないけれど。
 わたしは、学生のころ出かけるときには必ずポケットにハンカチを入れていた。
 でも、今はカバンの中に入れている。
 それはなぜか。
 洋服にポケットがついていないから。

 男の人はいいなと思う。
 ポケット(しかも実用的!)のついている洋服が多いから。
 スーツでもジーパンでも、いろんなものがポケットから出てくるので、いつも不思議に思う。
 どう考えても、女性ものの洋服にポケットは似合わない。
 でも、ほしい。
 デザインと機能性のバランスの問題だ。

 でも、寒くなるとそれも少し解消される。 
 コートには、たいていポケットがあるから。

 基本的には、コートのポケットに大事なものは入れない。
 ハンカチも、携帯も、財布も、定期も、ポケットを使い慣れないので入れると不安なのだ。
 じゃあ、なにに使うのか。
 手を入れるもよし。ちょっと入れておこうと一時預かり的に使うもよし。
 たいしたことじゃないけれど、それだけでも楽しい。
 事実、コートににポケットがついているというだけで、わたしは冬っていいなと思う。

 昨日も、ぐったりして帰る中、ふとポケットに手を突っ込んだ。
 右手にも左手にも、なにかが触れた。
 取り出してみると、くしゃっとなったレシートとビラの間から顔を覗かせたのはのど飴。
 自分で入れたのに、ただ忘れていただけなのに、そんなつまらないことに顔が緩んだ。

 ポケットは、わたしにとって小さなびっくり箱だ。

 みなさんのポケットには、なにが入ってます?
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-24 18:06 | 往復書簡

いつものことをいつものように

 小学生のころから、できるだけ守ろうと思っていることがいくつかある。
 
 いつもの朝の支度は、1時間で。
 カバンや引き出しの中身は、それぞれ決められた場所に。
 消しゴムのかすは、床に落とさずゴミ箱へ入れる。
 名前を呼ばれたら、元気よく返事をする。
 脱いだ靴は、ちゃんとつま先を外に向けておく。
 イスは、立ち上がったら元に戻す。
 出かけるときは、ハンカチとティッシュを持っていく。
 ・・・などなど。

 これ以外にも今思い出せないだけで、体に染み付いていることがあるはず。

 残念だけれど、大人になってからは守れないことや守れないときもある。
 そんなときには、あぁ、こどものまんまではいられないんだな、なんてちょっとセンチメンタルなきもちになったりする。
 ・・・大げさか。

 でもいつもできることが当たりまえにできるということは、きもちがいい。
 今日は、朝からクレーム応対。結局1日引きずって、予想外の残業になった。
 みんなに心のこもった「お疲れさまでした」をもらって、職場を出た。
 疲れたなとエレベーターを見ると、ちょうど職場のある4階に止まっていた。
 乗ろうかなと一瞬迷った。
 でも、やめた。
 いつもは階段でタタンタン、タタンタン、とリズムをつけながら降りるのだけれど、今日はぐったりしているからといって、と思い直したのだ。

 きっとエレベーターに乗ったら、小さく暗い箱の中でため息をついたはず。
 4階から降りる間に、自分のため息で窒息しそうになったはず。

 たかが。
 でも、されど。
 いつものことをいつものように。それでいいのだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-23 22:38 | 一日一言

女の闘い?

 ヨガに行くたびに、思う。
 手を抜けないな、と。

 わたしが通うホットヨガのスタジオは女性専用だ。
 トレーニングウエアに着替え、汗をだらだらかき、シャワーを浴び、化粧をする。
 その間に、しみじみそう思うのだ。

 スタジオでは、姿勢のいい人やスタイルのいい人に視線がいく。
 そういう人はなにを着ていても、カッコいい。
 かと思えば、横一列に並んだ鏡の前では、化粧が上手で髪型もきちんと整える子に視線がいく。
 特にすごーく若い子が、きっちりメイクしていく姿は興味深いものがある。
 思わず横目で盗み見てしまう。
 
 おもしろいのは、それぞれの場面で視線のいく美人が一致しないことだ。

 今さら、すっぴんで勝負! なんてことは言わないけれど、素に一番近い状態でどんな表情をするのか、どんな立ち振る舞いをするのか、ということは大切。
 そして、着飾ったときにその格好にふさわしいしぐさや立ち振る舞いもできなければせっかくのおしゃれが無駄になるのだから大切。
 とにかく、女はいつでも気が抜けないということなのだ。
 あ~、女は大変だ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-21 21:01 | 一日一言

映画を見るの巻

 見合い、無事(?)終了。
 あ~、もう二度としないと固く固く誓う。
 有言実行で、ここに記しておこう。

 ちょっとささくれている今の気分を払拭するために、なにをしようかと思案した。
 本では、ちょっと弱い。
 気になるCDは、夕方探したけど見つからなかった。
 テレビもいまいち。
 DVDも、新鮮味がないし。

 ということで、近くの映画館のレイトショーに行くことにした。
 さ、なにを見ようかな~。

 みなさんは、最近映画見に行きました?
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-20 19:32 | 往復書簡