言霊の幸わう国

<   2006年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

お腹いっぱいの愛情

 わたしの職場には、80数名のパート社員がいる。
 異動のお知らせをしてから4日間。全員に挨拶ができるようにと、がんばった。
 でも、できない人もいた。やっぱり80人は多いなと思った。

 泣かないようにと、あえてにじむマスカラをつけていった。
 でも、夕方までもたなかった。
 夕方は泣いては泣きやみ、泣いては泣きやみをくり返した。
 自分でもこんなに泣けるとは思ってもいなかったし、こんなに泣かれるとも思っていなかった。

 ふと、自分がやってきた4年2ヶ月を振り返った。
 やり残しはあっても、もういいやと思った。
 これだけの思いを受け止めたら、もういいやと思った。

 送別会の店を出たあと、誰かが言った。「愛されてますねー」と。
 冗談じゃなく、ほんとうにそう思う。
 自分は愛されてたなと思う。

 会社を出て落ち着いた涙は、そのまま送別会もおとなしく引っ込んでいた。
 でも最寄り駅に着いて、長い長い階段を降りていたら、ふっと涙が滲み出した。
 原付置き場に着くまで、「泣かない。泣かない」と呪文のようにくり返した。
 泣きながら歩くなんてみっともないから、必死にこらえた。
 原付にまたがってからは何度も何度も涙をふいて、アクセルを握った。ばっかみたい。

 泣くのは今日まで。
 あとのことは知らない。
 別れ際、チーフの子には「質問はひとり2回まで。それ以上は答えない」と宣言した。
 あとで2回は多いくらいだと思い直した。

 愛されたことを当たり前とせず、幸せに思い、感謝しながら、わたしは次へ行かなくては。
 思いに引きずられていては、いけないのだ。
 もう、ほんとうに、今日で充分。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-30 22:26 | 一日一言 | Comments(9)

全うすべし

 ええ、ええ、ここ数日のわたしはかっこ悪いし、みっともない。

 勝ち負けではなく、ただあと1日は仕事を全うしよう。
 こんなところでバカみたいにプライドを振りかざしても、仕方がない。

 ちぇっ。
 なんて自分は小さいのだろう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-29 23:51 | 一日一言 | Comments(6)

負けっぱなし

 昨日は、社長の送別会。
 やっぱりスーツを着てゆくべきだなと悩んだ挙句、季節はずれのパンツスーツをあきらめて、久しぶりに夏用のスーツ、スカートを履いていった。
 合わせて履いた黒のヒールも、いつもより高い。
 開会から挨拶・紹介と続き、乾杯まで1時間かかった。ふらふらするわけにはいかずじーっと立っていたら、さすがに足の裏に痛みが広がった。

 最近は、負けっぱなしだ。

 送別会は、来月から異動するためのちょうどいい挨拶回りになった。
 古巣に戻ることから、挨拶する人するみんなに「大丈夫。できるよ」という声をかけられ、もう何人から言われたかわからなくなったあたりで、いっぱいいっぱになっていた。
 会が終わり、会場を出ようとして、数年前にプロジェクトチームで一緒に仕事をしてお世話になった人と目が合った。
「がんばんねよー」と口が動いたのが、わかった。
 口元から視線を動かしてその人の目を再び見たら、涙が出てきた。
 うるっときて、涙を止めることもできた。でも、ふっと力を抜いて止めるのを止めた。

 帰りの地下鉄では、自己嫌悪で落ち込んだ。
 でも、やってしまったことはもう仕方ない。

 誰からのどんな言葉も、今は響いてこない。
 でも、自分は知っている。誰の言葉なら素直に耳を傾けて、その言葉が胸に沁みこむのか。

 帰りの電車は空いていた。
 すわって帰ったけれど、靴を脱ぎたくて仕方なかった。足の裏がじんじんしていた。
 うちに帰って、スリッパを履いたらほっとした。
 スーツを脱いで、着替えたら体を硬くしていたのがよくわかった。
 とりあえず、とりあえずと眠った。
 朝起きても、体のだるさはとれない。でもあと2日。
 淡々と静かに終えたい。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-29 11:15 | 一日一言 | Comments(2)

漂いながら旅に出る

 村上春樹の「遠い太鼓」を読み終えた。
 読むこと、14日間。その間は、浮気せずにただひたすらこの1冊を読んでいた。おかげで、読むペースが一気に落ちた。

 村上春樹の作品の中でも、手を出すにはためらいがあった。
 人が旅した話を淡々と読めるのか、というのがブレーキの要因だった。
 しかも行ったことのない、想像しがたいヨーロッパ。だから難しいと思っていた。
 でも読んでみようと決めて、本屋では迷わずレジに持っていった。
 そう、村上春樹が書いたのだ。だったら、読めるだろうとなぜか急に思えたのだ。

 読み始めたら、永遠にこの本は続くような気がした。
 わたしが「永遠に世界から離れるときに持っていく八つ」に書いた小説のようだった。
 それもおもしろいかもというきもちと、終わらせて他の本を読みたいというきもちが胸の中でせめぎあった。
 それを2週間続けていたので、正直疲れた。
 でも読み終えたら、終わったのかとさみしくなって数回ページをめくりなおした。名残惜しさがふつふつと生まれてきた。

 今日はもう別の本に手をつけているのに、なにげなく見上げた電車の天井を見「遠い太鼓」を思い出した。
 なんだか今のわたしの毎日は、旅をしているようだなと。

 旅をする。
 というのは、どういうことなのか?
 心静かに考えると、イメージしたのは漂う姿だった。

 漂う毎日。
 今のわたしの毎日だ。
 あっちへふらふら、こっちへふらふら。
 漂って、流されて、揺さぶられて、自分のきもちも居場所も定まらない。

 こんなわたしがほんとうに旅に出たら、どうなるのか?
 誰かと一緒に行きたかった。でも、ひとりでないと意味がないような気がした。
 今の自分の目に映るものを、誰のフィルターも通さず見てみたいと思ったのだ。

 週末、短い旅に出る。
 きもちはもう決まっている。
 でも。おいおい、こんなにバタバタしていて一体いつ支度をするのだ?
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-27 22:34 | 一日一言 | Comments(8)

魚になる

 今日は青い車がやたら目に付いた。
 夕方電気をつけずにパソコンを立ち上げたら、デスクトップの背景の紺色で部屋全体が青く染まった。
 今わたしの足の爪は深い深いブルー。

 魚になった気分だった。
 6畳の水槽で泳げそうだった。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-25 22:22 | 一日一言 | Comments(10)

そして僕は途方に暮れる

 うまく頭が機能しない。
 集中力が散漫になっている。
 時間が限られていることは、いつも以上に感じているのに。

 やるべきこと、やりたいこと、気になっていること。
 それがうまく整理できない。
 どれもこれも手につかない。

 時間が足りない! とか、早く時間が進めばいいのに! というようなことは思っていない。
 ただ与えられた時間は有効に使いたいだけ。

 今日も残業して、21時前に会社を出た。
 駅に向かう坂道は人通りもまばらで、湿っぽい空気がまとわりついた。
 ふと見上げると、いつも見ていないような気のする夜空があった。
 そうか、もうあと少しなんだなと思ったら、妙に、自分の靴音が気になった。

 コツコツコツ。

 淡々としているように見えてるみたいだけど、結構途方に暮れてるのにな、わたし。

 7月からの職場では夏季休暇の関係で、7・8・9月のシフトが一斉に出される。
 どこで夏休みをとるのか早々に返事をしなくてはならない。
 でも今ですらも時間とうまく付きあえていないのに、そんな先のこと急には考えられない。

 今、軽く混乱の波に飲まれている。
 いやな感じではない。でも、ちょっと。
 うん、ちょっと、なのだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-23 23:43 | 一日一言 | Comments(6)

泣いた日

 会社で涙は流すものではないと、思っている。
 どんなにクレームで罵倒されても、プライドを傷つけられても、失敗して落ち込んでも。
 それはわたしが仕事をする上で守るべきものだと、自分で思っていた。

 でも今日は、泣きそうになって言葉が出なかった。
 言葉が出ないことを自覚したら、ちょっと涙が出た。
 こんなところで泣くのはかっこ悪いのに、と思いながらも、途中でそうかたくなになるのをやめた。

 慕ってくれていたチーフの子たちの驚いた表情を見たら、顔を上げられなくなった。
 泣かれたら困るなと思っていたのに、先に自分が泣いてしまった。
 かっこ悪い。
 でも、それくらいいい職場だったのだ。

 7月から、古巣に戻る。
 今の職場で仕事をするのは、あと6日。
 今さらじたばたしても仕方ないのはわかっているので、「立つ鳥後を濁さず」。こまごまとした事務処理で迷惑をかけないようにしたい。
 
 仕事はどこでもできるし、どこでだってやる。
 いつもそう思っている。
 要求されるところでよーし、やってやろうというのがわたしのポリシー。

 ただ。

  「これから誰がセンタの中を片付けて回るんですか」

 なんてことを言われたら、困ってしまう。
 片づけくらい、誰かがやる。
 でも、職場の中を走り回りながらお小言言う人間はいなくなるな。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-22 23:04 | 一日一言 | Comments(10)

異常値

 なんなんやろ?
 今日の来訪者数が、227なんて見たことのない数字になっている。
 なんだ? なにが起こったのだ?
 いつもは20数件なんですよ。ココ。

 みなさんのとこは、おかしくないです?
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-22 22:33 | 往復書簡 | Comments(4)

傷を舐める

 カバンの中に手を突っ込んだときに、なにかにひっかけて切れてしまったみたいだ。
 左手薬指の第1関節のところに、傷ができた。
 見た目はたいしたことはない。
 でも、ジンとする痛みに思わず駅のホームで傷口を舐めた。

 たった数ミリの傷。
 切ったというよりは少し皮がめくれている。
 しばらくは痛みを忘れていた。

 さっきから目線が下がる。
 立ち上がると、自分の青く塗られた爪先を見てばかりいる。
 夜空をイメージして塗ったのに、今は深い深い水の底のように感じる。

 お風呂に入って手をお湯にさらすと、忘れていた痛みが戻ってきた。
 初めに感じたよりも痛い。
 でも、湯船の中で指をお湯につけないようにじっとしていたら、今度は苦しいことに気づいた。

 胸の中が、大きな振り子時計が鳴るように低く低く響く。
 それが早くなると、息が詰まりそうだ。お風呂の湯気のせいか。そんなわけないか。

 吐く息は重い。
 でも、その重みに負けるわけにはいかない。
 朝が来たら、顔をちゃんと上げなくては。
 こんなちっちゃな傷口、たいしたことはない。そうでなくては、始まらない。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-21 22:48 | 一日一言 | Comments(4)

日傘生活

 日に日に、陽射しの強さを感じる。
 昨日も京阪四条駅から烏丸までぶらぶら歩く中、アーケードの下を歩きながらも肌に降り注ぐ陽射しをピリピリ感じていた。
 
 わたしはチチの色白を引き継いだ。
 家族の中でも1番色が白い。
 子供のころから、プールや運動会の日の夕方はいつも日焼けして真っ赤になった。
 でも不思議なことに次の日には肌から赤みは消え、日焼けのあとは跡形もなくなっていた。

 最近は、ひどい日焼けはしないように気をつけているけれど、それでも焼けてしまったときは次の日まで持ち越すようになってきた。
 太陽の光の下を歩くことが少なくなっているから免疫力も低下するのか、年々肌は弱くなっている。
 もともと強いほうではないのに、困ったことだ。

 日焼けがいやだと言いながらも、わたしは日中帽子をかぶったり、日傘をさしたりしない。
 わずわらしいし、邪魔くさいのだ。

 でも、さすがにもう限界かなと昨日思った。
 今年は強がりは言わず、日傘生活を始めようと思う。
 焼けたくないなら仕方ない。
 
 みなさんは、日焼け対策バッチリです?
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-20 22:49 | 往復書簡 | Comments(10)