言霊の幸わう国

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

フラフープ

 2010年、最後の日。
 大掃除は昨日の午前中までに終えているので、今日は朝からブログを書いたり、来月早々に提出する(正しくはしなければならない)エッセイの課題の準備をしたりと、ずっと机の前に座っている。

 本棚から有名作家のエッセイ本を抜き出し、拾い読みをくり返す。
 思いつくままページを捲り、気になった作品に行き当たると長さを確認。
 ペンを片手に「1、2、3・・・・・」と、さっきから文字数を数えている。
 数を数えると言えば、今年もあと7時間と少し。
 大晦日になにやってるんだか。

 デスクの前に座ったままときどきカーテンを捲り、外を窺う。
 今日は、わたしの住む町も朝から雪が舞っている。
 今はいったんやんでいるけれど、きっともう少ししたらまた降り始め、年が変わるころには積もるんじゃないだろうか。

 さっき、自分がこの1年に書いたブログの記事をざっと見返していた。
 旅にライブに、愚痴に嘆き。
 12月に入ったころから、例年どおり今年1年を漢字1文字に表わすとしたら、「案」だなと考えていた。
 悩んで、考えて、途方に暮れて、でも考えて。
 案じて案じて、案じて案じ続けたような気がする。
 
 でも出会いも、感激も、高揚もあった。
 案じてばかりいても、ずっと下を向いていたわけじゃない。
 さっと手を差し出された縁やつながりに、ひと筋の光明を見たことが何度もあった。

 先日、FM802でやっているandymoriの壮平のラジオで、andymoriの「mori」は藤原新也の『メメント・モリ』からとったこと、その本を読んでインドに行こうと思ったことを初めて知った。
 久しぶりに読んだ堀江敏幸の『回送電車Ⅲ』では「ユルスナール」の名を見つけ、長嶋有の『いろんな気持ちが本当の気持ち』が名久井直子だったこと、今読んでいた向田邦子の文庫『父の詫び状』の解説が沢木耕太郎だったことに気がついた。

 どこも1度自分が通った場所なのに、そのときは別のことに気をとられていたのか、目に留まっていないことというのはほんとうに多い。
 でも、気づくたびになんてもったいないことをしているのかと反省したり、後悔したりするのだけれど、同じ心のどこかで、今だから気づいたんだよな、なんて納得している自分もいる。
 今年もそんな2度目、3度目の出会いでほんとうの出会いを果たしたものは多く、くり返すことの大切さを今一度考えたりした。

 本を読み返す。
 音楽を聴きなおす。
 同じ町に旅に出る。
 手帳に書き込んだ予定を見返す。
 書いたレポートやブログを読みなおす。
 何度も人と会う。
 
 そういうことの中から、わたしはまたひとり反芻する。
 今気づいた、引っかかった意味はなんなのかな、と。

 もしかしたら、人はフラフープのような輪の中にいるのかもしれない。
 そして、何度も巡り会う人やものはみな惑星のように、わたしが気づくまで周りを回っているんじゃないだろうか。
 フラフープの回転が速くても気づくもの、遅くなって気づくもの。
 どっちも気づくのは自分次第。

 世の中すべてに意味があると思っているわけではないけれど、掠め取ったものには意味や価値を見出したいなとは思う。
 来年も、同じようなことがくり返せるようにという願いを込めて。


 年々更新頻度が落ちている中、読んでいただいた皆さまありがとうございます。
 来年は卒業制作を控え大わらわな1年になると思いますが、スローペースででもブログは書いてゆくつもりです。
 残っている「さんご」も、忘れてはおりません!
 来年も自問自答しながら進んでゆきます。
 よろしければ、またお付き合いください。

 では、皆さま、よいお年をお迎えください。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-31 17:25 | 一日一言 | Comments(2)

おとあしあと(2010年)

 旅を振り返ったあと、そう言えば今年はライブにたくさん行って、レポもたくさん書いたことを思い出した。
 こんな年はそうないだろうから、これも振り返っておこう。

1.andymori        4月8日  心斎橋クラブクアトロ
2.くるり            6月5日  グランキューブ大阪
3.くるり            6月7日  京都会館
4.高野寛           6月13日 cafe fish!
5.小沢健二         6月18日 グランキューブ大阪
6.andymori(イベント)  6月19日 心斎橋クラブクアトロ
7.京都音楽博覧会     9月19日 梅小路公園芝生広場
8.andymori        9月22日 なんばHatch
9.みやこ音楽祭       12月5日 KBSホール


 ついでに、今年聴いたCDはこの6枚(プレイ順)。

・andymori     『andymori』
・andymori     『ファンファーレと熱狂』
・くるり         『ぼくの住んでいた街』
・小沢健二      『犬が吠えれば キャラバンは進む』
・くるり         『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』
・フジファブリック  『フジファブリック SINGLES 2004-2009』


 たくさんの夢を見させてくれた音楽に、感謝。
 来年も楽しいライブがたくさん見られますように。

 そしてここでも、心残りは最後のみやこ音楽祭のレポが忙しくて書けなかったこと。
 これは書いておきたかった・・・。
 フジファブのギター総くんがサポートで参加してますが、すんごいいいライブでした。
 なんと言っても、岸田くんが総くんと一緒にできることを楽しんでいることがあふれんばかりに出ています。
 その証拠に、久々にメガネを飛ばし、ツルを自ら踏んづけて曲げてしまってました(スタッフさんに笑われてた)。
 その他、アセロラのCMで有名になったハンバート・ハンバートのステージも、MCを含めすごいよかったです。
『鶏びゅーと』に収録されていた『虹』もやってくれましたし。

 そうそう、来年から始まるくるりのツアーに参加される予定の皆さま!
 ステージの立ち位置に注意してください!
 みやこ音楽祭では、boboさんのドラムスを奥に据え、前方にマイクが3つ立っていますが、ステージ向って左から総くん、さとちゃん、岸田くんとなってました。
 真ん中がさとちゃんですよ! さとちゃん!
 追加公演の武道館を除き、オールスタンディングばかりですが、場所取りの際は注意してくださいませー。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-31 13:26 | 耳袋 | Comments(0)

たびあしあと(2010年)

 2010年最後の日。
 わたしの場合、1年の振り返りはやっぱり旅。
 今年も旅に出たなあと、自分の書いたものを読み返していたら、他にもいろいろあった1年だけれど、これでよかったという気になるから不思議。


1.舞鶴・小浜
2.鹿児島
3.山梨
4.福井・富山・新潟・長野
5.長野・戸隠


 最後の最後まで尾道に日帰りで行こうかどうか迷って、行かなかった。
 心残りはそれくらい。
 
 来年も攻めます。さらに攻めます。
 旅は、攻めなくてどうする、くらいのきもちで行こう。

 旅が、わたしを呼んでいる。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-31 12:30 | 旅行けば | Comments(4)

海あり山あり 日本列島輪切りの旅  「帰り道の景色」

★8月1日(日)
 -豊川散策-
 9:38 豊川稲荷発 ⇒(名鉄・豊川線)⇒ 9:49 国府駅着
 9:53 国府駅発 ⇒(名鉄・名古屋本線)⇒ 10:38 名鉄名古屋駅着   -(昼食)-
 12:00 名鉄バスターミナル発 ⇒(高速バス)⇒ 14:10 京都深草着 

More
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-29 21:32 | 旅行けば | Comments(0)

海あり山あり 日本列島輪切りの旅  「終わりの予感」

★7月31日(土)
 8:42 岡谷駅発 ⇒(中央本線)⇒ 8:47 下諏訪駅着   -下諏訪散策-
 9:28 下諏訪駅発 ⇒(中央本線→飯田線)⇒ 11:53 元善光寺駅着   -元善光寺散策-
 13:17 元善光寺駅発 ⇒(飯田線)⇒ 13:27 飯田駅着   -飯田散策(昼食)-
 14:41 飯田駅発 ⇒(飯田線)⇒ 18:13 豊橋駅着
 18:27 豊橋駅発 ⇒(飯田線)⇒ 18:46 豊川駅着   -豊川散策(夕飯)-

More
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-28 20:12 | 旅行けば | Comments(2)

海あり山あり 日本列島輪切りの旅 「タイムカプセル」

 お忘れでしょうが・・・。
「海あり山あり 日本列島輪切りの旅」、 ここまで書いていました。あともうひと息、今年中に終えます(宣言)。

★7月23日(金) 「スタート前夜」
★7月24日(土) 「旅の水に足を浸す」
★7月25日(日) 「リュックの重み」
★7月26日(月) 「真夏の昼の夢」
★7月27日(火) 「風に乗ってどこまでも」
★7月28日(水) 「ボーダーライン」
★7月29日(木) 「紛れ込むウォーリー」


★7月30日(金)
 8:19 上田駅発 ⇒(上田バス)⇒ 9:00 別所温泉着   -別所温泉散策-
 10:50 別所温泉発 ⇒(上田バス)⇒ 11:05 無言館着   -無言館見学-
 11:37 無言館発 ⇒(上田バス)⇒ 11:56 別所温泉着
 12:29 別所温泉駅発 ⇒(上田電鉄・別所線)⇒ 12:59 上田駅着
 13:17 上田駅発 ⇒(しなの鉄道)⇒ 13:35 小諸駅着   -小諸散策(昼食)-
 15:14 小諸駅発 ⇒(小海線)⇒17:29 小淵沢駅着
 17:33 小淵沢駅発 ⇒(中央本線)⇒ 18:12 岡谷駅着   -(夕飯)-

More
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-28 20:11 | 旅行けば | Comments(4)

古本とギョーザとメリークリスマス

 朝こっそり、気心の知れた主査に「会社に来るのが嫌で嫌で」とつい口にしたところで、自分のきもちが上がらない1番の理由が隣の席の上司にあることがわかった。
 昼休み、ネットで「あなたのストレスの原因は」という四択の心理テストで、「欲求不満です」という回答が返ってきて、見えなかったものが見えた気がした。

 クリスマスイブだと意識すると、拗ねてしまいそうなちっちゃい自分。
 それはつまらんと、帰りは昨年同様本屋に寄ることにした。
 でも、駅にあるワンフロアを広々使う本屋には行く気にならない。
 今はなんでもある懐の深さを自分は求めていないのだ。
 そこで向かったのは、ビルの2階にある小さな古本屋。
 ピッときたものは遠慮なくレジに差し出そう、そう決めて階段を上がった。
 狭い店内をくるりと回って、素直に手を伸ばした2冊の本をお買い上げ。
 そのうちの1冊、穂村弘の『いじわるな天使』は、帰りの電車できっちり読み終えてぱたんと閉じた。

 夕飯は、予想に反してギョーザ。
 申し訳程度にローストビーフがあるが、どう見てもメインはギョーザ。
 しかもハハは、ひとり遅れて食べるわたしのために新たに焼きたてを用意してくれると言う。
 焼き上がりは、この数年最高のデキ。
 中の具の熱さに気をつけてギョーザを口に運びながら、そう言えば最寄り駅の階段を降りながら、王将でギョーザが食べたいと思っていた自分を思い出した。

 ぐずぐずして、クリスマスカードもグリーティング切手も手元に残したままでため息をついたりしたけれど、なんかこれでいいのかも、と思う12月24日、23時35分。

 同じ空の下のあなたにも、メリークリスマス。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-24 23:37 | 一日一言 | Comments(2)

渇水

 月曜日だというのに、朝から眠くて眠くて仕方がなかった。
 前日は今年最後のスクーリングを受講していたけれどそれも1日だけで、先月に比べればどうってことのないスケジュールのはずだ。
 でも今日は1日、ずっとぼんやり過ごした。

 会社を出たあと、寄り道するためにいつもと違う道を歩いたら、あちこち着飾った街のクリスマスムードに飲み込まれそうだった。
 毎年のことながら、今年は輪をかけてクリスマスの賑やかさに馴染めない。
 ケーキに、チキンに、ワインかシャンパンか。
 イルミネーションに、ポインセチア、プレゼント。
 物足りなさを感じているきもちを充たすものが目に映るものの中にないか、思い浮かぶだけ頭に並べてみたけれど、どれも他人事のように思えた。
 それでも、最寄り駅に着いてから、少し思案して本屋に寄った。
 雑誌を数冊ゆっくり立ち読みして、逆に文芸書のところでは読みかけの本が気になって棚から一定の距離を保ち、結局そのまま店を出た。
 
 上がらない。
 一向にきもちが上がらない。
 きもちを上げるだけのエネルギーも、今は底をついてしまったようだ。
 ああ、こういう時期だからこそ、自分が自分で痛々しい。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-20 22:00 | 一日一言 | Comments(6)

11月の巻

1 玄月     山田太郎と申します
  

(テキスト)
・荒木経惟   天才になる!
・片岡義男   ふたり景色 ※  
・沢木耕太郎  深夜特急1 
・沢木耕太郎  深夜特急2
・荒木経惟   すべての女は美しい
・藤原新也   黄泉の犬
・藤原新也   印度放浪
・玄月      蔭の棲みか


 今年もあと10日と少し。
 できれば新しい年へ持って行きたくないなと思いながら眺めているのが、読みかけの本。
 しかも9冊・・・。
 年末の休みで読めればと、今から考えていますが、実現するかどうか。
 
 どうも性格的に中途半端な読みかけの本が山積みになっているのは、性に合わないのです。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-18 21:59 | 本の虫 | Comments(0)

ひとりでこの街を歩いていく

 友人と中華を食べて、店を出たときの寒さと言ったら。
 冷凍庫の中に入ったようだった。

 シンシンと寒さが迫りくる夜道を、友人と別れたあとひとりで歩いた。
 靴音を響かせていると、賀茂大橋にさしかかった。
 欄干から下を覗いても、鴨川デルタの形はハッキリとは見えない。
 でも川沿いの道には数台の自転車の陰が見えた気がした。
 気になって歩きながらそのまま目を凝らしていると、川へと降りる階段に人の姿が見えた。
 こんな寒空の下、あんなところにたむろするのは学生に決まっている。
 思わず、「風邪引くよー」と橋の上から声をかけたくなった。

 真っ暗の中でも流れる川の音。
 もう1度、デルタの姿を探す。
 そこでふいにくるりの『三日月』が口をついて出た。
 歩くスピードは緩めず、月を探した。
 体を捻り見上げた視線の先には、三日月ではなくふっくらした月。
 少し雲がかかっているものの、澄んだ空気の中輪郭はくっきりしている。
 その姿を確認したあと、再び「この三日月を この三日月を」と歌い直した。

 川沿いの柳は、少しでも揺れると寒さが身に沁みると言わんばかりにじいっとしている。
 
 わたしの手には友人からもらった出町ふたばの豆餅。
 軽く振りながら、駅へと急ぐ。

 そんな小さな世界で起こったことが、幸せなことだと思った。
[PR]
by fastfoward.koga | 2010-12-17 23:57 | 一日一言 | Comments(0)