言霊の幸わう国

<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大きく息を吸い込んでみる

 最近付き合いのある人たちは、喫煙者が多く、今日も煙草の煙にまみれる。
 ビール4杯飲んで帰る道。
 電車を降りると、ほろ酔いの頬に心地よく当たるひやりとする風。
 踏み切りを渡りながら、頭を振る。
 なぜか昔から煙草の匂いはひやりとした空気ならすぐ消されるんじゃと思うのだが、それは気のせいか。

 そういえば、わたしの匂いってどんな匂いなんだろう。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-31 23:11 | 一日一言 | Comments(0)

パンク寸前

 3日間のスクーリング終了。
 なぜか今回の3日間×4コマ(1コマ1時間30分)がつらいこと、つらいこと。
 初めてのコマ数でもないのに、3日間、先生に申し訳ないと思いつつも何度か船を漕ぎ、休み時間は机につっぷして寝ること数回。
 前週の疲れを引っ張ったかなあと、夜会社でホカ弁を食べた1週間を振り返る。
 どう考えても毎週トーキョーへ通ったほうが疲れると思うのだが、なんでこんなに疲れたのか、ほんとうに不思議。

 つーか、毎晩飲みに行かずにまっすぐ帰ればいいのだよ、わたし。
 と自分に指さし注意をするものの、残り少ないスクーリングあとに飲まずしてどうする! 語らずしてどうする! とすぐさま反論。
 残すところスクーリングもあと1回だと思うと、この上なく寂しい・・・。

 そんなこんなで雨の中、とぼとぼとうちに帰ってきてからは、学生から社会人へと頭を切り替える時間。
 できることは今日中にやっておこうと、郵便局に立ち寄り、そのあとスーパーへ。
 節約節約と唱えながらも、迷った挙句3日間乗り越えたご褒美ご褒美と買い足したのは、ミスドのドーナツ(1コ100円也)とさんまのお寿司。

 あとわたしに必要なのは、睡眠だけだ。
 今晩、安らかな眠りが訪れますように。
 夢にまで、事後課題が追いかけてきませんように。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-30 22:55 | 一日一言 | Comments(6)

ひとり、旅

 寂しいなとか、疲れたなと思うと、旅に出たいなと思う。
 ひとりで黙々と電車に乗る旅。
 
 人恋しいのに、その解消方法がいつまでたってもひとりできることしかないというのは。
 いかんよなあ。

 ああ、それにしても旅に出たい。
 あの人に会いたいなと思いながら旅をして、誰かを思いながらハガキを書いては移動する。
 そんな旅がしたい。

 明日から、しばらく会社休んでいいっすか?
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-26 23:21 | 一日一言 | Comments(2)

ビール 秋の陣

 今日は会社の記念日。
 午後から仕事は休みになり、社内のボーリング大会に参加した。
 初めは残って仕事をしたかったのに、とぶちぶち言いながら行ったものの、まあやり始めたら楽しくなり。
 数年ぶりだというのに、スコアもそこそこで。
 女性は1ゲーム30のハンデがつき、結構結果いいんちゃう~と思っていたら!
 なんと7位!
 そして景品は、ヨーロッパのビール&サイダーセット(1ダース)!
 周囲からも「これはあなたのための景品だ」と言われ、大阪からえいこらさっさと持って帰ってきた。

 けれど歩けば歩くほど、2ゲーム投げたあとの右腕がだるくてだるくて仕方ない。
 なんとか家に辿りつき、気になって体重計にそっと景品を載せてみる。
 その重さ、7.3キロ。
 今になって、重みが腕にのしかかる。

 でもこれから毎晩ヨーロッパ(ビール)が待ってるからさ。
 いや~、久々にいいことあった!
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-24 20:11 | 一日一言 | Comments(2)

微動だに

 1週間、休みと休みの間を黙ってやり過ごしている。
 心身ともに体力がないと、できるだけじいっとして動かないようにするのは、昔から変わらない。
 水がなみなみと注がれたバケツを頭の上に載せての綱渡り。
 こぼしたらどうなるのか、それは心配することなのかどうかもわかっていないのだけれど、こぼさないように細心の注意を払う。
 それがさらに疲れを呼ぶというのに。

 誰かの言葉が胸に響いたか。
 美しいものに心揺さぶられたか。
 揺れて気づくものがあるというのに。

 と、ここまで書いて、かつて自分が書いたことをふいに思い出した()。
 そう、今のわたしに1番ないもの。それは勇気だ。
 
 
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-21 22:58 | 一日一言 | Comments(0)

エコポイントおつけしますね

 朝、起きたら、とたんに憂鬱になった。
 夕方、会社のトイレでうがいをするために目を閉じて顎を上げたそのとき、理由がわかった。
 週末の2日間、ずーっとひとりでいたからだ。

 話をしたのは、スーパーとコンビニのレジ係の人とだけ。
「レジ袋はいりません」

 なんや、寂しかったんかー。
 腑に落ちた。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-17 22:05 | 一日一言 | Comments(2)

駆け抜けよ

 えーっと、これで終わりですか?

 突如スクリーンが真っ黒になり、エンドロールが流れてしまったかのような感じ。
 とりあえず、書き上げた小説。総文字数、22,945文字。
 まだこれから推敲が待っているけれど、結末は変えないだろうし。
 それにしても、呆気ない。
 書いていて終わりが近づいていることも感じなかった上に、物語の終わり方も、我ながら呆気ない。


 3日間、自分に足りないのは現実を見る強さだと実感した。
 自分が書いたものを読みたくないなど、そりゃあ人様もおんなじさあ。
 あんたが読まんで、誰が読む。

 スイッチ・パブリッシングの新井敏記著『鏡の荒野』のあとがきに、村上春樹のあの文体はどのようにしてできるのか、という件がある。
『何度も見直すことだ。書いては読んで消してまた書く』
 その一文を信じ、ここで書かねばあとはない、と穏やかに自分を奮い立たせた。

 書きたかったものが書き上げたものなのかは、わからない。
 ましてや、おもしろいかどうかも。
 でも今迷っても書けないと、思い浮かんだ言葉は書き記した。

 煮詰まってONにしたテレビでは、出雲駅伝の中継。
 主人公とその恋人を島根に旅出させたわたしは、タスキを繋いでゴールを目指すランナーたちに励まされた。
 最終区6区では、ランナーたちが次々と、主人公が歩いた出雲大社前の道を走り抜けてゆく。
 そうそう、ふたりは別々にこの道を歩いたんだよ、と年寄りのひとり言のように呟くわたし。
 偶然に、感謝。
 島根に、感謝。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-10 16:19 | 一日一言 | Comments(2)

9月の巻

1  堀江敏幸   象が踏んでも 回送電車Ⅳ 
2  幅允孝     幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ
3  朝吹真理子  きことわ  
4  カズオ・イシグロ
            日の名残り
5  津村記久子  ミュージック・ブレス・ユー!!
6  西加奈子   あおい ※ 
7  島村洋子   シャンプー ※ 
8  堀江敏幸   雪沼とその周辺 ※


(テキトト・参考文献)
・夏目漱石   我輩は猫である
・新潮文庫編  文豪ナビ 太宰治


 卒業研究の小説も佳境に入りました。
 と言っても、佳境なのは時期(締め切り)であって、残念ながら書いている内容ではありません・・・。

 書いていると、悲しくなるくらい自分の文章が嫌になります。
 それでも書かねばならぬのが、今。
 せめて書いた言葉にいちいち落ち込まなくていいように、いい小説を頭に閉じ込めて、その気になって書こうとイメトレしていました。
 いくつかの作家の作品を手に取りましたが、書くことを意識して読むとまた違うものを感じることができました。
 文章が浮き立ってくると言って伝わるでしょうか。
 物語という大きな器の中に収まっている言葉、文章が活き活きとしてくるのです。

 特に堀江さんの文章に、改めて惚れ惚れしました。
 水のように流れる、透明感のある文章。
 大きさも小ささも感じられる水。
 そんな「水」を目指し、3日間、集中して書き上げようと思います。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-08 00:12 | 本の虫 | Comments(2)

すいません、私信です~coolサマ

 coolさーん、先日から何度もお邪魔してるんですけど、コメントができないんですー。
 なんででしょうか?
「コメント投稿」を押すと、コメント欄が真っ白になるだけなんですよ・・・。
 
「初恋の人からの手紙」、読みました。
 追伸、すごすぎて大笑いしました!
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-06 20:48 | 一日一言 | Comments(4)

なんじゃこりゃ

 午後、会社で喉が痛いなあと気づいた。
 電車ではなんとなく頭がぼんやりし、駅からの帰り道は、寒気はないけどくしゃみが出たり、鼻水がずるずるし始めた。
 これは風邪か? 熱っぽい気はしないけど、うちに着いたら熱を測ってみよう。
 と、坂道を上った。

 買っておいてよかったと、早速体温計を取り出す。
 脇に挟んで数秒。
 表示を見て、また脇に挟んで数秒。
 体温って普通何度くらいやっけ? と、しばし考える。
 そしてまた脇に挟んで、表示を見る。
 何度計っても計っても、35度を超えない・・・。
 壊れてるんちゃう? と指先でつまむと、41度になった。

 どないやねん。わたしの体温。

 単なる肩凝り、寝不足か? ちぇっ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2011-10-04 21:01 | 一日一言 | Comments(2)