言霊の幸わう国

1月の巻

1 森村誠一   駅・角川文庫
2 山口果林   安部公房とわたし・講談社
3 小川洋子   密やかな結晶・講談社文庫 ※
4 松浦弥太郎  僕の好きな男のタイプ・講談社
5 岡村靖幸   結婚への道・マガジンハウス
6 堀江敏幸・角田光代
         私的読食録・プレジデント社


 森村誠一の『駅』は、年末年始に実家に帰ったときに、目に付いたものを手に取りました。
 山口果林の『安部公房とわたし』は、表紙の若かりしころの女優の写真に惹かれ、手に取りました。著者でもあるその女優が綴る文章を読みながら、何度かブックカバーを外して彼女の写真を見ました。たった1冊しか読んでいなかった作家と、そこに寄り添う、体内から溢れ出さんばかりに光を発する著者の人生は興味深かったです。『砂の女』は読むと息が詰まるのですが、10数年ぶりに読み返してみたいと思います。

 松浦弥太郎の『僕の好きな男のタイプ』と、岡村靖幸の『結婚への道』は一緒に購入しました。
 前者の表紙には「58通りのパートナー選び」、後者はタイトルがタイトル。わたしは迷える子羊に見えるんかいな、いや、それがどやさどやさと、ドヤ顔でレジに持っていきました。
 しかしながら、前者は読んでいて、たくさんの「いい男」について書かれていましたが、こういう人がいいと思うより、こんな人間になれるかと途中から視点が変わって読んでいることに気づきました。
 後者は、ミュージシャン岡村ちゃんが「結婚」をテーマに対談したものをまとめたものですが、たくさんの人にいろんなことを聞いて、ある意味聞きすぎていて、読んでいるわたしもわからなくなりました。
 この2冊が本棚に並んでいる姿、これがわたしの姿を象徴しているのかもしれません。

 そして最後に堀江敏幸・角田光代の『私的読食録』は、雑誌『dancyu』の連載の書籍化です。
 雑誌の特集に合わせた食にまつわる作品が紹介されるこの本では、2人の作家が読むことでしか味わえないことがあることを教えてくれます。
 昨年末に読んだ『小泉今日子書評集』同様、読み返したい本、読んでみたい本がいくつもありました。
 どちらもあえて付箋をつけたりはしていませんが、読むものに困ったときにはぱらぱらとめくり、ヒントにしていくつもりです。

 このとりとめのない本選び。これこそがまさに、わたしの読書録だわという妙な自信があります。
 安心してください。今年は読みますよ。
[PR]
# by fastfoward.koga | 2016-02-13 23:24 | 本の虫 | Comments(0)

8月~12月の巻

1 北村薫    八月の六日間・角川文庫 ※
2 白岩玄    未婚30・幻冬舎 ※                           
3 内田百閒   第三阿房列車・新潮文庫
4 山崎ナオコーラ
         昼田とハッコウ・講談社
5 丸谷才一   女ざかり・文春文庫
6 宮本輝    愉楽の園・文春文庫 ※
7 久世光彦   向田邦子との二十年・ちくま文庫
8 ダ・ヴィンチ編集部編
         秘密。私と私のあいだの十二話・メディアファクトリー ※
9 宮本輝    ここに地終わり 海始まる(上)・講談社文庫 ※
10 宮本輝    ここに地終わり 海始まる(下)・講談社文庫 ※
11 宮本輝編   わかれの船・光文社文庫 ※
12 向田邦子   隣りの女・文春文庫 ※
13 山田ズーニー おとなの小論文教室。河出書房出版 ※
14 小泉今日子書評集・中央公論新社

※印は読み返した本です。


 さて、2015年の後半戦。
 年初め読んでいた『窯変源氏物語』は、「行幸(みゆき)」あたりで光源氏の身勝手さにお腹いっぱいになってしまい、完全に止まってしまいました。
 まあ、このあたりで飽きてしまうのはいつものことなのですが。
 半年以上枕もとに置かれた第7巻。読む気になるにはまだ時間がかかりそうです。

 昨年はもともと冊数にはこだわらないつもりでいましたが、1年で読んだのはたった38冊でした。
 おそらくこの20年で一番少ないです。
 以前も書きましたが、昨年ほど書店がおもしろくなく、書店に行っても食指の動かなかったことはありませんでした。
 そのせいで、まだ実家の自分の本棚のほうがましだな、と以前読んだものを読み返してばかりいました。
 年末にその憂鬱なきもちがすうっと解消される書店に辿りつき、来年はせめて50冊は読むようにしたいと思いました。

 2016年になり、思ったとおり、たまに早く帰った夜や休みの日にはテレビを消して本を開いています。

 さあ、これを書いたら、あれを読もう。
[PR]
# by fastfoward.koga | 2016-01-24 20:48 | 本の虫 | Comments(0)

書く書く詐欺

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年2015年は、ここでの10年を迎えるにあたり1月は意気込んだところまではよかったものの、2月より仕事が忙しくなり失速したまま終えてしまいました。
 すみません。

 この言葉がどなたに届くか、正直もうわからないのですが、それでもここを閉じる気にはならず、今年もこうやって新年の挨拶くらいはと思い、書いています。

 昨年は、仕事以外の時間も仕事のことを考え、振り返ってみれば仕事8割、それ以外が2割で、1年が終わってしまいました。
 クリスマスごろには、せめて2016年は仕事6.5、それ以外3.5ぐらいにしたいと考えていましたが、それを友人に話したところ「はっ?」といった反応が返ってきました。
 そこで年末最後の反省をし、仕事とそれ以外は五分五分を目標とします。
 それくらいにしておいても、結局は仕事6.5、仕事以外3.5になるでしょうから。

 元旦から2日に日付が変わる数10分、実家のお風呂に浸かりながら2016年の目標を考えました。

一、仕事に溺れない
一、自分が(心地)よいと思うことをものさしにする

 相変わらず抽象的なところがありますが、仕事以外の自分をまず自分が認め、人に認めてもらおうとか褒めてもらおうとかめんどくさいことを考えなくていいようにしたいと考えています。

 すっかりご無沙汰しておりますが、ここを時々覗いてくださるみなさまにとって、今年1年がよき1年となるようお祈りしております。
[PR]
# by fastfoward.koga | 2016-01-05 23:06 | 一日一言 | Comments(0)